東京女子プロレスが5月3日、東京・後楽園ホールで「YES! WONDERLAND 2022〜夢の翼を広げ〜」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の中島翔子が享楽共鳴のパートナー・ハイパーミサヲの挑戦を退けV2に成功し、「CyberFight Festival 2022」(以下、サイバーファイトフェス=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)での防衛戦を熱望した。

 試合開始前、ミサヲはこの日もスプレーを差し出して、クリーンファイトで臨む姿勢を示した。ゴングが鳴ると、ミサヲは首固めを連発して丸め込もうとするも、中島はクリア。中島のドロップキックを自爆させたミサヲは隠し持っていたスプレーを噴射。さらにミサヲは場外へのアイアムアヒーローを決めると、アームブリーカーで中島の腕をジワジワと攻め立てた。序盤はミサヲのペースで進んだが、中島もトップロープからのライダーキック、バタフライロックなどで反撃。チキンウイング・フェースロックを執ように狙ったミサヲだが、中島がなんとかしのぐ。ミサヲはハイパミリターンズから必殺のヴァニタス(ダブルアーム式フェースバスター)にいこうとするも、阻止した中島はダブルアーム式DDTを見舞った。チャンスと見た中島はダイビング・セントーンを投下して3カウントを奪い、熱戦に終止符を打った。

 中島は「ミサヲはなんでもできる。すごいよ。私のことを主人公みたいな言い方してくれたじゃない? 私はミサヲのことを最高の二番手って言ったけど、二番手がベルトを巻けないわけじゃないから。お互い痛い思いして、享楽共鳴はもっとすごいことができるんじゃないかって感じました。これからも私はミサヲとハチャメチャにやりたい。東京女子のオモチャ箱を2人でひっくり返していきたい。だから、これからもよろしく」と投げかけて、ミサヲとガッチリ握手を交わした。

 さらに、中島は「このベルトを巻いたときから言ってきたことがあります。サイバーファイトフェスでタイトルマッチをすることが私の一つの夢です。今日防衛できたということは、チャンピオンとして、あの舞台に立つのは私ということです。東京女子でこのベルトを巻いてきた人は本当にすごいチャンピオンばっかりだったんです。私はまだベルトを巻いてきたみんなの背中を見ているような気持ちです。だからこそ、サイバーファイトフェスでこのベルトを防衛して、そのチャンピオンたちを超えていきたいと思ってます」とマイク。

 バックステージで中島は「サイバーファイトフェスでタイトルマッチをするのは私に決まったと思います。まだ相手は誰だが分からないですけど。去年、あの大舞台で山下実優と坂崎ユカが戦って、東京女子を背負って、さいたまSAに立ってくれたと思います。私は去年の2人を超える気持ちで立ちたいし、勝って、さらに東京女子の一番上を目指したいと思ってます」とキッパリ言い切った。

 一方、敗れたミサヲは「試合を楽しめたのがホントにうれしくて。ベルトを獲れたらよかったんですけど、中島さんはホントに強くて。享楽共鳴として、私が足を引っ張ってたって思ってたんですけど、そういう気持ちがなくなったというか。これからは私が中島さんを引っ張っていく決意ができました。これから享楽共鳴が東京女子をもっと楽しくて、もっと高いところに皆さんを連れて行く」と前を向いた。

【大会名】YES! WONDERLAND 2022〜夢の翼を広げ〜
【日時】2022年5月3日(火・祝)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】695人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>坂崎ユカ&○瑞希 vs 乃蒼ヒカリ●&角田奈穂<挑戦者組>
13分53秒 キューティースペシャル
※第9代王者組が4度目の防衛に成功。

▼第二試合 エキシビションマッチ 3分
才木玲佳 vs 遠藤有栖
※エキシビションマッチのため勝敗なし

▼第三試合 20分一本勝負
上福ゆき&○桐生真弥 vs 猫はるな&鳥喰かや●
10分9秒 逆エビ固め

▼第四試合 15分一本勝負
○鈴芽 vs 長野じゅりあ●
5分46秒 片エビ固め
※リングアベル

▼第五試合 20分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩&○荒井優希 vs 愛野ユキ&らく&原宿ぽむ●
13分41秒 片エビ固め
※Finally

▼セミファイナル 20分一本勝負
○山下実優&伊藤麻希 vs 志田光&宮本もか●
15分2秒 片エビ固め
※Skull Kick

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○中島翔子 vs ハイパーミサヲ●<挑戦者>
14分29秒 エビ固め
※ダイビング・セントーン。第10代王者が2度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉