ガンバレ☆プロレスが5月3日、東京・後楽園ホールで「LOVE PHANTOM 2022」を開催。元全日本プロレスで世界タッグ王座を戴冠したこともある野村直矢が渡瀬瑞基とリアル・ブラッドを結成し、同14日、千葉・2AWスクエア大会への参戦を熱望した。

 この日のセミファイナルで渡瀬は勝村周一朗と組み、石井慧介、岩崎孝樹組との“純血ガンプロ対決”に臨んだ。試合は4人の意地と意地がぶつかり合い、まさに一進一退の熱闘となった。勝村が渡瀬のサポートに回るなか、渡瀬は石井に垂直落下式ブレーンバスター、バックドロップを見舞って決めにいくが、石井が返した。20分過ぎ、岩崎が勝村を場外に排除すると、岩崎が渡瀬にタイガースプレックス2連発、ニールキックをたたき込んで3カウントを奪取。食い下がった渡瀬だが、惜しくも涙を飲んだ。

 試合後、野村が現れ、「この熱い戦いを見たら、俺もこの熱い戦いに混ざりたくなりました。俺が入った方がもっと熱くなると思いませんか? ガンプロさん、5月14日の千葉で、俺と瑞基のリアル・ブラッドで試合を組んだください」とアピール。

 バックステージで野村は「僕もこんな熱い戦いにシンプルに混ざりたいと思いました。5月14日から俺たち2人のリアル・ブラッドを始動させたい。注目してください」と意気込んだ。

 渡瀬は「ガンプロのリングだけじゃなく、いろんなリングで戦って、そのなかで見つけた最高の仲間。ガンプロだけじゃなくて、いろんなリングでかき回していきましょう」と呼応。

 勝村は「これがガンプロですよ。もっと今の4人で、俺たちの熱さをどんどん盛り上げていきたい。人数が増えてもいいし」と話した。


【大会名】LOVE PHANTOM 2022
【日時】2022年5月3日(火・祝)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】380人

▼第一試合 パンチドランカーvs霊界の貴公子 30分一本勝負
○怨霊 vs 前口太尊●
9分30秒 首固め

▼第二試合 ガンプロ名物ミックストタッグマッチ 30分一本勝負
山縣優&●冨永真一郎 vs HARUKAZE&岡田剛史○
6分40秒 腕ひしぎ逆十字固め

▼第三試合 日本ガンバレ連合vsVENYU全面対抗戦 30分一本勝負
○上福ゆき&朱崇花 vs まなせゆうな&YuuRI●
11分30秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼第四試合 ガンプロ名物三軍対抗戦! ROMANCE DAWN vs ChocoPro vs BASARA 30分一本勝負
塚本拓海&ヤス・ウラノ vs クリス・ブルックス&●アントーニオ本多 vs 翔太○&高尾蒼馬
14分43秒 雁之助クラッチ

▼第五試合 ガンプロスペシャルシングルマッチ〜男たちの挽歌〜 30分一本勝負
○大家健 vs マッスル坂井●
11分9秒 片エビ固め
※炎のスピア3連発

▼セミファイナル LOVE PHANTOM 2022スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○石井慧介&岩崎孝樹 vs 勝村周一朗&渡瀬瑞基●
21分56秒 体固め
※ニールキック

▼メインイベント スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●高岩竜一 vs 今成夢人○<挑戦者>
17分20秒 エビ固め
※ラリアット。高岩が4度目の防衛に失敗、今成が第2代王者となる。

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉