東京女子プロレスが5月5日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場で「GO GO DO IT」を開催。SKE荒井優希、鈴芽、宮本もか、遠藤有栖の「1998年(平成10年)度組」が新旧チャンピオンチームに敗れるも、大奮闘して団体の明るい未来を灯した。

 同団体が同所に進出するのは、2019年9月1日以来、2年8ヵ月ぶり2度目。2020年9月に興行が予定されていたが、コロナ禍で流れたため、久しぶりの大阪でのビッグマッチ開催となった。

 メインイベントはデビュー3年目の鈴芽、2年目の宮本、遠藤、そして2年目に入ったばかりの荒井の同学年組が新世代チームを結成。プリンセス・オブ・プリンセス王者・中島翔子、プリンセスタッグ王者・瑞希、インターナショナル・プリンセス王者・伊藤麻希、元プリンセス・オブ・プリンセス王者・辰巳リカ(緊急渡米のプリンセスタッグ王者・坂崎ユカに代わって出場)の新旧チャンピオンチームと対戦した。

 試合形式は60分3本勝負。1本目、チャンピオンチームは開始早々、伊藤と辰巳が不穏なムードになったものの、遠藤のキャメルクラッチを脱出した辰巳が足4の字固め。カットされると、スリーパーからドラゴンスリーパーの必勝パターンで遠藤からギブアップを奪い先取。

 2本目、新世代チームは荒井が瑞希にドロップキック、串刺しビッグブーツを叩き込むなど、4人で猛攻。荒井は中島にフルネルソンバスター、サソリ固めを決め、ロープに逃げられると、必殺のFinally(カカト落とし)を狙ったが中島は回避。瑞希が場外の鈴芽、宮本、遠藤めがけてダイブを敢行して3人の動きを止めた。中島はダブルアーム式DDTからダイビング・セントーンをさく裂させ、荒井から3カウントを奪取。これでチャンピオンチームが2−0で勝利を収めた。

 結果的にはストレート負けだったが、浅いキャリアで新旧チャンピオン相手に奮闘した荒井は「ストレートで負けてしまって。届かない壁というか、先輩たちの強さを感じたんですけど、私たちも強くなって、“そういえば、私たちもボロボロにされてたよね”って言えるくらい成長していきたいと思いました」とコメント。

鈴芽は「強い相手だったけど、この4人で組めてくれてうれしかったし、これからもやりたい」、宮本は「こうやって切磋琢磨できるのは幸せなことなので。どんどん成長していきたい」、遠藤は「この4人で組めてくれしかったし、今日負けたけど、次やったとき、もっと成長して、勝つつもりで頑張ります」と前を向いた。

 一方、前回のエディオン第2大会に続き、プリプリ王者としてリングに立ち、新世代のチャレンジを退けた中島は「楽勝とはいかなかった。でもベルトを持ってるかぎりは負けられない。あの子たちにも全力で向かっていきたいし、気を抜くつもりはなかった」と話した。さらに、「(1998年度組は)打たれ強さもですけど、自分たちの得意技でモタモタしないですよね。その辺の素早さとか。こっちはいっぱい手数はあるけど、一瞬を見逃さないというか・・・」と評価した。

 また、同団体では10月29日にエディオン第2大会を開催することが決まった。

【大会名】GO GO DO IT
【日時】2022年5月5日(木・祝)
【会場】大阪・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場
【観衆】348人(超満員)

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○愛野ユキ vs 猫はるな●
6分51秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第二試合 大阪ウルトラクイズマッチ 時間無制限三本勝負
ハイパーミサヲ(2−1)鳥喰かや
①●ミサヲ vs 鳥喰○
0分25秒 ケンチキ
②○ミサヲ vs 鳥喰●
7分34秒 岡本太郎 
③○ミサヲ vs 鳥喰●
10分24秒 あべのハルカス
※大阪に関するクイズを2問先取したほうが勝利となる特別ルール。

▼第三試合 15分一本勝負
○まなせゆうな vs 桐生真弥●
7分2秒 片エビ固め
※ラリアット

▼第四試合 20分一本勝負
乃蒼ヒカリ&○角田奈穂 vs らく&原宿ぽむ●
8分40秒 片エビ固め
※紫電改

▼セミファイナル 20分一本勝負
山下実優&●渡辺未詩 vs 赤井沙希&上福ゆき○
16分17秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼メインイベント 大阪スペシャル8人タッグマッチ 60分三本勝負
中島翔子&瑞希&伊藤麻希&辰巳リカ(2−0)荒井優希&鈴芽&宮本もか&遠藤有栖
①○リカ vs 遠藤●
16分1秒 ドラゴンスリーパー
②○中島 vs 荒井●
13分48秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

〈写真提供:東京女子プロレス〉