新日本プロレスは5月19日(木)、青森・八戸市東体育館にて857人の観衆を集め、『BEST OF THE SUPER Jr.29』大会を開催した。

『BEST OF THE SUPER Jr.29』
日時:2022年5月21日(土) 14:30開場 16:00開始
会場:青森・新青森県総合運動公園マエダアリーナ・メインアリーナ
観衆:1,720人

今大会は『BEST OF THE SUPER Jr.29』Aブロック公式戦が4試合行われた。

<試合結果>

▼第4試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
クラーク・コナーズ ×(3敗=0点)
vs
SHO 〇(1勝2敗=2点)
10分29秒  横入り式エビ固め
   
■試合後バックステージコメント

コナーズ「完全にムカついてきた! 血の気の強いヤングライオン時代に逆戻りだ! 0勝3敗なんてひどい滑り出しだ。次も負けて4連敗になってしまったら、俺はもう狂ってしまうだろう! ゴングが鳴る前からSHOは攻撃をしてきた。予想してた通りだったから問題はなかった。あいつに腕を壊されたかもしれない。それは別にいい。でもあいつは俺のタイツを引っ張った。反則行為の上で勝ってるんだ。そこだけは絶対に許せない! これで腕を負傷したまま最終戦まで戦うことになるのか。(左腕を見せながら)この腕を見てくれよ。ちゃんと動くかどうかも危うい……。今はアドレナリンでなんとかなってるけど、どこまで持ち堪えられるかな。こんなんで次のタグチ戦をどうやって勝つのか分からない。でも必ず道はある! このあとタグチの試合だろ。しっかり観察する。“LET’S GET WILD”って言いたいところだけど、次もまた負けたら俺は怒りで日本中を爆発させてしまうかもしれない! そうなったら強制帰国だな。でもみんな、 “LET’S GET WILD”だ」
 
SHO「(左肩を押さえながら現れてヒザをつき)オイ、見ただろ? 俺、最強過ぎるぞ。オイ、どんだけ相手が卑怯な奴だろうがな、俺はこうして実力で勝てんだよ。これで分かったろ、俺の実力がよ? 他は何人出てんだ? 全部で20人出てんだろ? そいつらの勝ちなんかよりな、今日のこの勝利のほうがなんぼか価値あるわ。俺の今日のこの勝利と比べたらな、他の奴らの勝利なんかな、な〜んの価値もねえわ、ハハハ。見ただろ? 俺、最強過ぎるだろう? これで分かっただろ、俺の実力よ。じゃあ、もう残り全部不戦勝でいいぞ。オイ、トロフィーを持ってこい。これで分かっただろう、俺の実力がよ。俺が最強だってことが分かっただろ。トロフィー、持ってこいや。今すぐ、トロフィーを持ってこい。それともあれか? お前ら、俺の雑魚狩りゲームに付き合ってくれんのか? 残りの連中も。いいぞ、付き合ってやるよ。オイ、3連勝や。これで3連勝や。全勝優勝あるぞ。雑魚狩りゲーム、やったらぁ、この野郎!」


▼第5試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
田口 隆祐 〇(1勝2敗=2点)
vs
フランシスコ・アキラ ×(1勝2敗=2点)
12分17秒  エビ固め
   
■試合後バックステージコメント

アキラ「(セコンドのTJPと一緒に現れて)Fanculo! Fanculo! Fanculo! Fanculo! (イタリア語で“fxxk off”)。やっぱりオスプレイが言ってた陰謀論は嘘じゃなかった! (新日本の)レフェリーはUNITED EMPIREを目の敵にしてるんだ! オスプレイだけでもう20回は不正審判の餌食にさせられてきた! そして次は俺か。レフェリーが俺の肩が上がってるのを見てないわけがないだろ! タグチ……Apollo 55時代のタグチでかかって来てくれと言ったが、確かに少し昔のタグチを感じた。あともう一歩で勝てたのに。TJPがマスター・ワトを倒して言ったと思うが、俺たち二人の狙いはもっと大きなものだ……。クソッ! これで2敗。悔しい。仕方ない……コーラクエンが近づいてきた。そこではいつも運に恵まれてる。次から巻き返して行くぞ。タグチ、決着はまだついてないぞ。近いうちにまた当たることになる」
TJP「心配すんな。2点獲れなかっただけだ。次はもっといいものを懸けて戦うことになるんだから」
アキラ「(得点以上の)もっといいもの」
TJP「そうだ、もっといいものだ」 

田口「強かったですね。強かったです。ギリギリ。今日はまぐれですね。10回やったら1回勝てるかどうかの1回を、今日ゲットしたって感じですね。あのう、アキラ戦に向けてニュージャパン・ワールドで研究してて思ったんですよ。向こうも見てるんだろうなって。いろんな動画がありますけど、やっぱり直近の試合を一番参考にしますから。それを見たら気づきましたね。ああ、ふざけてるの2試合。ふざけてるから当然そういうスタイルで来るだろうなと、アキラは思っていると思いましたね。まあ、途中、タイツの紐を解いたり、どうせまたやるんだろうなと匂わせつつ。本人が見ていたかどうかは分からないけど匂わせつつ、見ているお客さんにも匂わせつつ期待を裏切る試合で、いっちょ真面目にやってみました。あの態勢だったら、過去2戦の動画を見てれば当然タイツを下ろしてくるだろうという読みのカサドーラでしょ? ワンテンポ早く押さえ込みましたから勝てましたね。まあ、真面目にやれば勝てるということは分かりましたんで、次も真面目にクラーク・コナーズ…そうか! 真っ直ぐ来るから、真っ直ぐ挑もうかな? 真正面から行こうかな? 変化球なしのお互いストレート直球勝負で行きましょうか。そういうことです。まあ僕もどっちでやるか分かんないから。どっちのスタイルでやるか分かんないから、相手も分かんないでしょうね」


▼第6試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
YOH 〇(2勝1敗=4点)
vs
金丸 義信 ×(3敗=0点)
10分43秒  DIRECT DRIVE→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

金丸「結果なんかどうでもいいよ、バカ野郎、オイ! よく覚えとけよ!」

YOH「ベストを…ベストを尽くした戦いでした。金丸さん、ありがとう」
 

▼第7試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
エース・オースティン ×(2勝1敗=4点)
vs
高橋 ヒロム 〇(3勝=6点)
12分50秒  TIME BOMB II→体固め
   
■試合後バックステージコメント

オースティン「(何回も深くため息をついてから)クソ…いや…イラついてるんじゃない。こんな凄い試合をした後で頭にくるわけがないだろ? ただ、悔しくて仕方ないだけだ。“物事には必ず終わりが来る”って言うだろ? これで俺の無敗記録も絶たれたってことか? でも俺はベルトの保持者としての実力をちゃんと見せた。このステージ(リング)に上がるまで長い道のりだった。そこでヒロムに負けたからといって自分を恥じることはないし、後悔は一つもない。自信過剰だって言われるだろうけど、でも何事にも自信がなければ成功は出来ない。自分が自分の可能性を信じることが出来なければ、誰からも信じてもらえないだろ。だから俺は今日の1敗で挫けたりしない。俺にはまだ自分が『BEST OF THE SUPER Jr.』を優勝出来るっていう強い自信がある。ヒロム、このニュージャパンのリングで初めて俺を倒したのがお前だ。お前にはベルトの挑戦権利があるってことかもな。オーケイ、挑戦させてやるよ。でもお前にベルトを懸けてインパクトのリングで戦う覚悟はあるのか? それはそうと、まだリーグが残ってる。あとまだ何試合もある。俺には自分が優勝する未来が見えてる。それは、“INEVITABLE”」
 
ヒロム「俺が間違ってた。俺が間違ってた。(オースティンについて書かれたスケッチブックを見せながら)エース・オースティン、お前は十分インパクトのエースだな。それはそうと約束守ってくれるんだろうな? そのベルト(Xディビジョン王座)、挑戦させてくれるんだろ? いや、俺が挑戦するのは違うな。負けたお前が挑戦してこい。やるならアメリカのインパクトのリングって言ったな? 3連覇、4度目の優勝をする前人未到のこの男を呼ぶんなら、もちろんファーストクラスを用意してくれよ? そうしたらいくらでも俺は挑戦しに行く。カッコいいもんな、あのベルト。いや、そんな余裕がないぐらいキツかったぁ…。キツかったし、楽しかったぁ。さてと、これで3連勝。おっと、おっと、言ってはなかったけど、全勝優勝というのもこれは見えるんじゃないかな? (少し声を張って)ただあまり全勝優勝と言ってしまうと、ヒロムちゃん、悪い癖が出ちゃうから。でも、せっかくだからこれは全勝優勝あるかもしれないなあ。まあ、次の相手はこの人だよ(と言って、スケッチブックをめくり、『ノブおじ嫌いな人っている?』と書かれた金丸のページを見せる)。ノブおじ…ノブおじを嫌いな人……実はいるんだよ。(急に小声になって)あんたのことが大嫌いな人間が……(と言って、一瞬沈黙)。(今度は大声になって)とかって言うと、今のこの沈黙の時間、『え? そうなの? ノブおじを嫌いなのって誰?』って思ったでしょ? こういうのも作戦の一つ。でも、多分、ノブおじを嫌いな人、きっといない。うん、俺はそう思う。でも、こういうちょっとした一言が彼の心を傷つける可能性がある。だから言う価値はある。でも、俺は今ふと、これは作戦だと、嫌いな人はいないと言っちゃったから、今の作戦はなしとなる。となると、何の作戦もないまま俺は当日を迎えることになるのかな? いや、でも前哨戦が1個あるからね。そこでどういうふうな戦い方を見せるのか? いや、でも何も参考にならないんだろうな。う〜ん、どうしよう。ノブおじか…」

 
▼第8試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
アレックス・ゼイン ×(2勝1敗=4点)
vs
石森 太二 〇(3勝=6点)
13分45秒  Bone Lock
    
■試合後、勝利を収めた石森がマイク

石森「すべてが規格外だ、アレックス・ゼイン。俺もいろんなヤツとやってっけど、その中でも群を抜いてトップクラスだよ。だがな、一つだけ、一つだけ言っといてやるよ。オマエ、あきらかにヘビー級だぞ!デケーし、動きはジュニアだけどな、一発一発が重たすぎるんだよ。
まあでも、なんとかそんなヤツに勝てて、3勝目だ!Aブロックが三つ、Bブロックが二つか、公式戦を終えて。よくよく考えたら、まだ今年の『SUPER Jr.』、前半戦、折り返してねえんだよな。
でもよ、観てるオマエら、スッゲー、ワクワクすんだろ?誰が勝ち上がるか、わかんねえだろ、なあ?レ〜ベルが!高け〜だろ、なあ?まあ、観てるヤツらは、その中でそれぞれ、好きなヤツらを応援すればいい。そんなこと、俺にはまったく関係ない。だ〜が〜、最後は、最後は、最後は、オイ、俺を見ろ。俺がジュニアの強さと、すごさを見せつけてやるよ。It’s Reborn!」

■試合後バックステージコメント

ゼイン「イシモリ……俺は食べることが大好きだ。(傷ついた唇を見せながら)だから食べれなくしてやろうと口を攻撃して来たのか? イシモリ、お前は俺に傷をつけることも、バラバラにして殺すことも出来る……。だがお前は俺のファイティングスピリット(闘魂)だけは壊せない。お前がズルをしようが、血が出るほどに攻撃してこようが構わない……。でもいつかお前を生きたまま食ってやる。イタダキマス!」

石森「アレックス・ゼイン、さすが世界最高峰の団体にいただけあって、全てを兼ね備えたレスラーだ。そんな奴がこの『SUPER Jr.』に出てくれた。それだけで俺たちのレベルは格段に上がる。でもよ、これまでの大会、メインを締めてきたのは誰だ? 俺にデスペにヒロムだろ? (語気を強めて)何回この状況にさせるんだよ! それはヒロムも土下座するわ、ファンタズモも才能は活かされないわ、デスペも頭打ちするって言うわ。今回出ている初参戦、初出場組の奴らと外国人の奴らは序盤で確かに爪痕を残しているぞ。それに比べ、若干だけどな、今既存の奴ら、なんか置いていかれるぞ? 埋もれるぞ? 世界最高峰のジュニアの祭典やってんだよ。俺たちは(ことさらに声を張り上げて)より高いレベルでやっていく。そして! その頂点に俺が立ってやるよ」

<写真提供:新日本プロレス>