DDTプロレスが6月1日、東京・後楽園ホールで「What are you doing 2022」を開催。サイバーファイト副社長の彰人がフェロモンズ入りに成功。「CyberFight Festival 2022」(以下CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で、同軍と戦う高木軍はケンドー・カシンが現れ、なんとかかんとか結束を見せた。

 CFFで、フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成“ファンタスティック”夢人)は彰人と組み、高木三四郎、カシン、青木真也、堀田祐美子組と対戦する。高木の密命を受け、内部に潜り込んでのフェロモンズ壊滅をもくろむ彰人は、ことごとく同軍入りに失敗していた。

 ラストチャンスとなった、この日、彰人はディーノ、今成とのトリオで高木、青木、石田有輝組と激突。フェロモンズは高木のウイークポイント(五十肩のため)である肩に集中砲火。ディーノがコーナーに上ると、今成が青木、石田の顔をディーノの尻にぶち込んだ。次は彰人が高木の顔を押しつけようとすると、高木は「次の社長は誰?」と陽動作戦。一瞬ひるんだ彰人だが、高木にスタナーから容赦なくチキンウイング・アームロックで絞め上げると、たまらず高木はギブアップ。

 彰人は「高木三四郎、さっきから、“次の社長はオマエだ”って言ってるけど、そんな気ないでしょ? アンタは都合のいいように、僕を使って。いつもアンタのムチャ振りに付き合わされてるんだよ。アンタの命令でフェロモンズに入ろうとしてるんじゃねぇ。副社長としてじゃなく、一レスラーとして、フェロモンズに入ろうとしてるんだ」とよもやの発言。

 ここで、彰人のフェロモンズ入りを懸けた最後の「エクスカリバーチャレンジ」の時間に。これは飯野の尻(通称=セクシーの丘)に刺さった“性剣”エクスカリバーを親指と人差し指でつかみ5秒以内に引き抜くことができれば、“フェロモンの勇者”としてユニットに加入できるという通過儀礼で、彰人は4度目の挑戦となった。

 彰人が“性剣”を抜こうとしていると、カシンが堀田(?)と思われるお面を被った人物を帯同して登場。高木が「一致団結して、フェロモンズを倒しましょう」と言うと、カシンは「俺はアンタを認めないから。こんなことやってる場合か!」などとして口論に発展。2人がもめていると、今林久弥GMが「みんな一致団結しないといけない時期なんです。なんでケンカするんですか。仲良くしてください」と涙の訴え。

 すると、カシンは「一致団結するために、俺たちもエクスカリバーチャレンジをやろう」と言い出した。ルールは今林GMの口に高木がエクスカリバーを入れ、5秒耐えたらOKというもの。そのエクスカリバーは飯野の尻に刺さっていた物とあって、最初はイヤがった今林GMだが、一致団結のため我慢して耐え抜いた。カシンは「覚悟しとけ! さいたま、ぶっ潰してやる」と宣言し、高木軍はひとまず結束した。

 高木軍が去って行くと、ディーノは意外にも彰人のフェロモンズ入りを認め、フェロモンネームを「西垣“コーチン”彰人」と命名し、ディーノは「CFFで、あのテロリストどもを潰してやろうぜ!」と決起していた。

【大会名】What are you doing 2022
【日時】2022年6月1日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】490人

▼ダークマッチ 10分一本勝負
△岡田佑介 vs 高鹿佑也△
時間切れ引き分け

▼オープニングマッチ Road to CyberFight Festival 2022!スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&○彰人 vs 高木三四郎●&青木真也&石田有輝
7分23秒 チキンウイング・アームロック

▼第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル〜アイアンマンサバイバルランブルルール 時間無制限勝負
【試合経過】
①<王者>○川松真一朗 with 鈴木信達 vs ポコたん●<挑戦者>
2分54秒 体固め
※鈴木の正拳突き
②○平田一喜 vs タノムサク鳥羽●
4分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
③<挑戦者>○平田一喜 vs 川松真一朗● with 鈴木信達<王者>
8分1秒 逆片エビ固め
※川松都議が防衛に失敗、平田が第1549代王者となる。
④<王者>△平田一喜 vs アントーニオ本多△<挑戦者>
9分22秒 ダブルフォール
※両者失格により、1人残りの大鷲透が第1550代王者となる。

▼第三試合 30分一本勝負
朱崇花&火野裕士&○納谷幸男&雪妃真矢 vs 坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹●&大和ヒロシ
12分46秒 体固め
※バックドロップ

▼第四試合 DAMNATION T.AvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー&KANON vs 上野勇希&勝俣瞬馬&小嶋斗偉●
14分4秒 クロス・フェースロック

▼第五試合 DDT EXTREME選手権試合〜セクシームービースタールール 60分一本勝負
<王者>○飯野“セクシー”雄貴 vs AKIRA●<挑戦者>
12分46秒 首固め
※第53代王者が2度目の防衛に成功。

▼セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&○樋口和貞 vs HARASHIMA&吉村直巳&高尾蒼馬●
16分8秒 体固め 
※ブレーンクロー・スラム

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>●MAO vs 高梨将弘○<挑戦者>
20分48秒 片エビ固め
※タカタニック。MAOが3度目の防衛に失敗、高梨が第7代王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉