ウィスコンシン州グリーンベイのレッシュセンターにて行なわれたロウが日本時間6月8日に配信された。

ザ・ジャッジメント・デイの新メンバーとして登場したフィン・ベイラーがダミアン・プリースト&リア・リプリーと共にまさかのエッジ襲撃で反逆を起こすとプリーストが非情なパイプ椅子攻撃を放って暴走した。
 
エッジ率いるジャッジメント・デイがリングに登場して新メンバーを呼び込むとそこに「ヘル・イン・ア・セル」の対戦相手ベイラーが姿を現した。ベイラーは「もう自分に嘘をつくのはうんざりだ。

プリーストやリアの活躍に怒るどころか感動したんだ」と加入の経緯に言及するとプリーストは「俺たちは限界を突破する準備ができた。あなたに対してね」と突如エッジに反逆を起こして3人がかりで襲撃。
 
ベイラーはクー・デ・グラを放つと、プリーストはエッジを解説席に叩きつけた上で最後は雄叫びを上げながらエッジの頭に非情なパイプ椅子攻撃を叩き込んだ。
 
その後、リアはメイン戦のロウ女子王座挑戦者決定フェイタル4ウェイ戦に出場すると体重108キロの“巨体”ドゥードロップにリップタイドを決めて「マネー・イン・ザ・バンク」での挑戦権を奪取。

試合後にはゲスト解説をしていた王者ビアンカ・ブレアと睨み合って火花を散らした。

ビアンカ vs. リアのロウ女子王座戦が行われる「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間7月3日にWWEネットワークで配信される。