6・12サイバーファイトフェスで対抗戦のイラプションとガンプロの遺恨が深まる!
またまたす巻きにされた大家健は「リング上で決着つける!」

CyberFightが6月11日、都内のホテルで「CyberFight Festival 2022」(以下CFF=同12日、さいたまスーパーアリーナ)に向け、直前記者会見を開き、スターティングバトル第3試合で対抗戦を行うDDTプロレスのユニット・イラプションとガンバレ☆プロレスの遺恨が深まった。

同大会で、イラプションの坂口征夫、赤井沙希、岡谷英樹組が、ガンプロの大家健、まなせゆうな、渡瀬瑞基組と激突する。イラプションはガンプロの5・26新木場大会に乱入し、大家を拉致して、す巻き状態にした。さらに、坂口は6・7新木場にスコップを持参して現れ、3人を威嚇していた。
 
この日の会見には大家を除く5人が登壇。渡瀬によると、代表の大家と連絡がつかないとのことで5人で会見が始まった。
 
渡瀬は「ガンプロVSイラプションとありますが、自分はガンプロVS坂口征夫だと思ってるので。そのなかでも渡瀬VS坂口というところを。DDTにいたので坂口征夫をよく分かってます。岡谷、同じチームでしたので、よく知ってます。赤井さん、よく知ってます。両国でもめました。どんな選手か、知ってるなかで、坂口さんがこうやってケンカを売ってくる感じ。分かってます。それでもリングではバチバチやってくれる相手だと思ってるんで、リング上では足止めて打ち合ってボコボコにしたいと思います」と意気込んだ。
 
まなせは「大家さんは、絶対に私たちを裏切らない! 大家さんだけじゃなく、私たちはガンプロの思いを背負ってここに来ています。岡谷! この前、大家さんの首を蹴飛ばしたでしょ? ヤンキーが! それに、赤井沙希! 私は赤井沙希を追いかけ回すのが得意なんだよ。久しぶりに反対側に来たんだから、思う存分やり合おうじゃねぇか! でもな、私たちが狙うのは坂口征夫の首一つだ」と絶叫。

一方、岡谷は「ガンプロVS坂口征夫だ? テメエ、シングルで俺に負けてるのに何ほざいてるんだ。イラプションはそんな甘くねぇぞ」と渡瀬にすごんだ。

赤井は「ガンプロは代表して3人でこのカードなんですけど、代表だからと言って、みんなの気持ちを背負ってやるには絶対負けてらんないだろうなって思うんですけど。そこから勝ったらどんなに気持ちいいんだろうと、今からワクワクしています。渡瀬選手、全部うちらのこと分かってるって言ってたけど。岡谷選手もそうだし、私たちもこの期間、変わって進んでるんで。その辺、明日皆さんに見てもらえればなと思っています」とコメント。

ボスの坂口は「渡瀬、まなせ! 健ちゃん来てないね。よくないよ、これ大事な会見。びびって逃げたんじゃないの? そういや、さっき便所入るとこは見かけたけど、帰ったのかな?」と発言。

ここで、上半身をテープでまたまたす巻き状態にされた大家が登場し、「俺は誰よりも早く会見来てんだよ。でも、トイレ行って、気が付いたらこれ。オマエらの仕業だろ?」と激怒。どうやら大家はトイレに入ったところ、背後から何者かに襲撃されて、す巻きにされた模様だ。

坂口は「何のこと? 物騒な街だな。おちおち小便もしてらんねぇよ」としらばっくれると、岡谷と大家がにらみ合いに発展。坂口が「岡谷、やめとけ。明日いじめてやろう」と制止すると、大家は「オマエらがどんな卑怯な手を使おうが、俺たちはプロレスをメジャースポーツにするんだ。リング上で正々堂々と戦ってやるから。覚悟しとけ。絶対オマエらの仕業だ。許さねぇ」と犯人をイラプションと断定。

フォトセッションに入り、渡瀬が坂口に詰め寄ると、大家は「やめろ。明日だ。リングで決着つけるんだ」として、リングでの戦いにこだわった。すると、赤井が「大家だけちゃうで。まなせ、渡瀬。アンタら、明日のさいたまSAでのトイレ、3人とも気ぃつけや!」と忠告していた。
 

『CyberFight Festival 2022』
日時:2022年6月12日(日) 開場12:00 開始14:00
会場:埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ

【全対戦カード】

▼STARTING BATTLE KICKOFF〜DDT提供タッグマッチ 15分一本勝負
マッスル坂井&納谷幸男 vs 高尾蒼馬&平田一喜

▼STARTING BATTLE 2〜TJPW提供10人タッグマッチ 15分一本勝負
ハイパーミサヲ&愛野ユキ&らく&原宿ぽむ&猫はるな vs 角田奈穂&桐生真弥&宮本もか&遠藤有栖&鳥喰かや

▼STARTING BATTLE 3〜DDTvsガンバレ☆プロレス対抗戦 15分一本勝負
坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹 vs 大家健&まなせゆうな&渡瀬瑞基

※STARTING BATTLEは13:00頃開始予定。

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也

▼第二試合 TJPW提供6人タッグマッチ 20分一本勝負
山下実優&伊藤麻希&長野じゅりあ vs 乃蒼ヒカリ&鈴芽&荒井優希

▼第三試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&彰人 vs 高木三四郎&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子

▼第四試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権次期挑戦者決定4WAYマッチ 30分一本勝負
辰巳リカ vs 瑞希 vs 上福ゆき vs 渡辺未詩
※この試合の勝者が7月9日東京女子プロレス大田区総合体育館大会にてプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦。

▼第五試合 NOAH提供10人タッグマッチ 30分一本勝負
杉浦貴&藤田和之&マサ北宮&稲葉大樹&谷口周平 vs  マイケル・エルガン&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr&レネ・デュプリ&サイモン・ゴッチ&Ⅹ
※この試合の「Ⅹ」は、6月7日プロレスリング・ノア後楽園ホール大会にて正体が明かされる。

▼第六試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&クリス・ブルックス&高梨将弘 vs 上野勇希&勝俣瞬馬&MAO&朱崇花

▼第七試合 NOAH提供6人タッグマッチ 45分一本勝負
ロブ・ヴァン・ダム&小川良成&HAYATA vs 清宮海斗&原田大輔&YO-HEY

▼第八試合 NOAHvsDDT対抗戦 45分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞 vs 中嶋勝彦&小峠篤司&稲村愛輝

▼第九試合 NOAHvsDDT対抗戦〜スペシャルシングルマッチ 45分一本勝負
拳王 vs 佐々木大輔

▼セミファイナル プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>中島翔子 vs 坂崎ユカ<挑戦者>
※第10代王者3度目の防衛戦。

▼メインイベント GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>潮崎豪 vs 小島聡<挑戦者>
※第38代王者は初防衛戦。