CyberFightは6月12日、さいたまスーパーアリーナで「CyberFight Festival 2022」を開催。オープニングマッチで行われたNOAHvsDDT対抗戦、ノアの岡田欣也&藤村加偉とDDTの小嶋斗偉&高鹿佑也の対決は岡田&藤村が快勝した。

昨年に続き開催された「CyberFight Festival」のオープニングマッチは会見にて「合同練習しましょう」とDDTへ呼びかけた岡田に対して、「やらない」と拒否した小嶋だが当サイトのインタビューで「DDTを完全に舐めてるなと思いましたね。それが第一印象なので、本当に腹が立ってます。」とコメント。

一方の岡田は「僕も別に社交辞令で言ったわけではないので。じゃあまた今度・・っていうのもないじゃないですか。実際は分かりませんが、一緒に練習を行って小嶋選手、高鹿選手がついてこれないというところを見てやろうと思いました。」と語っていた。

そんな中で迎えた試合は、岡田が小嶋を逆エビ固めでギブアップを奪い勝利した。

バックステージで岡田は「僕たちは覚悟も練習量も全然違うレベルで戦っているので。こんなところで負けるはずないです。しょーもなかったです。ありがとうございました」完勝に余裕のコメント。

敗れた小嶋は「あんなに煽られて、勝つことができなかった。ホントに自分クソです。こういう対抗戦だからこそ勝てるレスラーになりたかったです。もしまた対抗戦があるなら絶対に戦いたいです。」と肩を落としていた。

【大会名】CyberFight Festival 2022
【日時】2022年6月12日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4,891人

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
○岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉●&高鹿佑也
11分45秒 逆エビ固め

【大会名】CyberFight Festival 2022
【日時】2022年6月12日
【会場】埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ
【観衆】4891人

▼STARTING BATTLE KICKOFF〜DDT提供タッグマッチ 15分一本勝負
マッスル坂井&○納谷幸男 vs 高尾蒼馬&平田一喜●
9分2秒 片エビ固め
※バックドロップ

▼STARTING BATTLE 2〜TJPW提供10人タッグマッチ 15分一本勝負
ハイパーミサヲ&愛野ユキ&●原宿ぽむ&猫はるな&YuuRI vs 角田奈穂&桐生真弥○&宮本もか&遠藤有栖&鳥喰かや
9分10秒 片エビ固め
※スパインバスター

▼STARTING BATTLE 3〜DDTvsガンバレ☆プロレス対抗戦 15分一本勝負
○坂口征夫&赤井沙希&岡谷英樹 vs 大家健&まなせゆうな&渡瀬瑞基●
10分20秒 TKO勝ち
※スリーパーホールド→レフェリーストップ

▼オープニングマッチ NOAHvsDDT対抗戦 20分一本勝負
○岡田欣也&藤村加偉 vs 小嶋斗偉●&高鹿佑也
11分45秒 逆エビ固め

▼第二試合 TJPW提供6人タッグマッチ 20分一本勝負
○山下実優&伊藤麻希&長野じゅりあ vs 乃蒼ヒカリ&鈴芽●&荒井優希
10分54秒 エビ固め
※Skull Kick

▼第三試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&○西垣“コーチン”彰人 vs 高木三四郎●&ケンドー・カシン&青木真也&堀田祐美子
13分21秒 チキン勃つた固め

▼第四試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権次期挑戦者決定4WAYマッチ 30分一本勝負
○辰巳リカ vs 瑞希 vs 上福ゆき vs 渡辺未詩●
9分37秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。リカが7月9日東京女子プロレス大田区総合体育館大会にてプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦。

▼第五試合 NOAH提供10人タッグマッチ 30分一本勝負
杉浦貴&藤田和之&マサ北宮&●稲葉大樹&谷口周平 vs マイケル・エルガン○&イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.&レネ・デュプリ&サイモン・ゴッチ&ティモシー・サッチャー
14分1秒 エビ固め
※エルガンボム

▼第六試合 DDT提供8人タッグマッチ 30分一本勝負
○HARASHIMA&吉村直巳&クリス・ブルックス&高梨将弘 vs 上野勇希&勝俣瞬馬●&MAO&朱崇花
14分29秒 体固め
※蒼魔刀

▼第七試合 NOAH提供6人タッグマッチ 45分一本勝負
○ロブ・ヴァン・ダム&小川良成&HAYATA vs 清宮海斗&原田大輔●&YO-HEY
12分3秒 エビ固め
※ファイブスター・フロッグスプラッシュ

▼第八試合 NOAHvsDDT対抗戦 45分一本勝負
●遠藤哲哉&秋山準&樋口和貞 vs 中嶋勝彦○&小峠篤司&稲村愛輝
6分20秒 TKO勝ち
※レフェリーストップ

▼第九試合 NOAHvsDDT対抗戦〜ハードコアマッチ〜ノーDQルール 時間無制限一本勝負
○拳王 vs 佐々木大輔●
21分28秒 片エビ固め
※P.F.S.フロム・ラダー

▼セミファイナル プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○中島翔子 vs 坂崎ユカ●<挑戦者>
14分57秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン。第10代王者が3度目の防衛に成功。

▼メインイベント GHCヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>●潮崎豪 vs 小島聡○<挑戦者>
21分11秒 片エビ固め
※ウェスタン・ラリアット。潮崎が初防衛に失敗、小島が第39代王者となる。

〈写真提供:CyberFight〉