DDTプロレスが6月25日、神奈川・横浜ラジアントホールで「DRAMATIC DREAM TOUR 2022 in YOKOHAMA」を開催。フェロモンズに加入したばかりの西垣“コーチン”彰人が早くも脱退とも思われる行動に出た。

 第2試合で、彰人は飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノと組み、大鷲透、平田一喜、高尾蒼馬組と対戦。試合前、今林久弥GMが「次の(DDT)EXTREME(王者は飯野)のタイトル戦を7・16名古屋(日本ガイシスポーツプラザ第3競技場)でやりたい。挑戦者は誰とやりたい? 7・3後楽園までには遅くとも決めたい」と問うと、ディーノは「意向は聞いた。今日、7・3後楽園を査定試合にする」と回答。

 フェロモンズはこの日もお下劣殺法全開。セクシーピーラーには彰人も入って、3人の尻を浴びた平田は青息吐息。飯野が上半身を足ではさんで絞め上げ、彰人がインディアン・デスロックを決める複合技(フェロモン彫刻の森)で平田からギブアップを奪い快勝。

 試合後、ディーノは「この感じだと挑戦者は見つからねぇかも。名乗り挙げるヤツいないの?」と言うと、身内の彰人が「僕が挑戦します」と名乗り。ディーノが「フェロモンズ内で挑戦するのは御法度。やめる覚悟じゃないと言っちゃけない」と諭すと、彰人は「コーチンで挑戦するとは言ってない。彰人として挑戦する。このEXTREMEのベルトを一番愛してます。挑戦するためなら抜けても構わない」と微妙な発言。王者側が受諾すると、飯野がバックフリップから彰人のアンダーパンツを剥ぐ暴挙をはたらき挑発。

 バックステージでディーノは「展開が早すぎないか。コーチンが抜けたいと。もうアイツはただのチキン野郎。フェロモンズとしてやっていく心意気がない。コーチンからチキンになり下がったか。去る者追わず」とあきれ顔。彰人は「とっさに手を挙げた。一レスラーとして、もう1回EXTREMEのベルトを巻きたい。EXTREMEを使って、彰人の考えるプロレスを表現したい。(挑戦することで)フェロモンズが破門だ、抜けたんだというならしょうがない」と脱退もやむを得ずの姿勢を見せた。

 また、7・16名古屋で行われるKO-D6人タッグ王座戦(王者組=佐々木大輔、MJポー、KANON組VS挑戦者組=高梨将弘、クリス・ブルックス、アントーニオ本多組)の前哨戦(佐々木、KANON組VSクリス、本多組)は、本多の創作昔話「ごんぎつね」の披露に怒ったか、KANONがイス攻撃連発からメデューサ(変型コブラツイスト)で絞め上げてギブアップ勝ち。佐々木は「本多、相変わらず、つまんねぇことやってるな。オマエらに挑戦する資格はない。今すぐ挑戦を辞退しろ。もう一人いるだろ! オレンジのゴミクズ(高梨)にも伝えろ」とマイク。

【大会名】DRAMATIC DREAM TOUR 2022 in YOKOHAMA
【日時】2022年6月25日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】190人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
火野裕士&○納谷幸男 vs HARASHIMA&岡谷英樹●
10分2秒 体固め
※バックドロップ

▼第二試合 ノータッチルール 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&西垣“コーチン”彰人 with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 大鷲透&平田一喜●&高尾蒼馬
12分51秒 フェロモン彫刻の森

▼第三試合 DAMNATION T.AvsThe癒されるズ! 30分一本勝負
佐々木大輔&○KANON vs クリス・ブルックス&アントーニオ本多●
13分18秒 メデューサ

▼第四試合 30分一本勝負
○吉村直巳 vs 高鹿佑也●
9分21秒 片エビ固め
※払腰

▼セミファイナル BURNINGvsEruption! 30分一本勝負
秋山準&●岡田佑介 vs 樋口和貞○&坂口征夫
10分17秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

 〈写真提供:DDTプロレスリング〉