DDTプロレスが7月3日、東京・後楽園ホールで「KING OF DDT 2022 FINAL!!」を開催。サイバーファイトフェス(6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で脳震とうを起こし、以後の大会を欠場し、KO-D無差別級王座を返上した遠藤哲哉が来場し、7月24日の後楽園で復帰することを発表した。

 第1試合終了後に姿を見せた遠藤は「DDTのチャンピオンとして、トップに立つ人間として、見せてはいけない姿を見せてしまって情けなく思っております。現状、医師の許可も下りて、先週からトレーニング、リング練習も再開しました。動いた感じも違和感ありません。会社と話し合って、7月24日の後楽園で復帰させていただけることになりました」と報告。

 さらに、「DDTも新しい景色をお見せできていると思います。今日も新たな1ページが刻まれることになります。そのDDTのリングに戻るのは楽しさ半分、不安半分。不安のほうが大きいかもしれません。残り3週間で、信頼を取り戻せるよう、精いっぱい追い込んで、7月24日、皆さんの前に立ちます」とあいさつした。

 バックステージでは「サイバーファイトフェスで中嶋(勝彦)選手の張り手で脳震とうを起こしてしまって。皆さん、アクシデントって言ってくれるんですけど。中嶋選手の張り手に耐えられなかった自分の負けだと思うんです。リングで起こることがすべて現実なので。現実を受け入れて、7月24日。新たな遠藤哲哉のプロレス人生を歩んでいけたらなと思います」と話した。

 また、米AEWに長期遠征中の竹下幸之介が一時帰国し、8月20日、東京・大田区総合体育館でのビッグマッチに出場。同大会での川松真一朗(東京都議)、高木三四郎、高尾蒼馬組VS西村修(文京区議)、大石真翔、彰人組の議員対決が決まった。

「秋山準デビュー30周年記念大会」(9月18日、後楽園)には秋山と縁が深い新日本プロレスの永田裕志、金丸義信が参戦することが決まり、9月4日、名古屋国際会議場でのビッグマッチには大仁田厚が参戦し、電流爆破デスマッチを行うことも決定した。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉