DDTプロレスが7月3日、東京・後楽園ホールで最強決定トーナメント「KING OF DDT 2022 FINAL!!」を開催。“苦労人”樋口和貞が準決勝で秋山準、決勝で吉村直巳を破り、同トーナメント初制覇を果たし、空位のKO-D無差別級王座を初戴冠。樋口は8月20日、東京・大田区総合体育館で行われる初防衛戦の相手に、脳震とうのため王座を返上した遠藤哲哉を希望した。

 まさに“大器晩成”という言葉がピッタリの男だった。樋口はこれまでに5度、同王座に挑むも、いずれも奪取に失敗。「KING OF DDT」も、最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX」も毎年上位まで食い込むも優勝することはできなかった。

 遠藤の王座返上もあり、不退転の思いで臨んだ樋口は準決勝で因縁深い秋山と対戦。秋山のフロントネックロック、ヒザ蹴り、エクスプロイダーをしのいだ樋口はラリアットからブレーンクロー・スラムで3カウントを奪い、決勝進出を決めた。一方のブロックでは吉村が上野の顔面へのドロップキック連打で苦しむも、Osaka Prideで仕留めて決勝にコマを進めた。

 決勝はヘビー級同士のパワー勝負となり、壮絶なチョップの打ち合いを展開。15分過ぎ、吉村は払腰、パワーボムからOsaka Prideを狙うも、阻止した樋口は背中にドロップキック、ラリアット、ブレーンクロー・スラムを叩き込むもカウントは2。吉村が再度払腰にいこうとするが、回避した樋口がブレーンクロー・スラムを決めて3カウントを奪取。

 試合後、互いの健闘を称え合った両者はガッチリ握手を交わした。そして、昨年3月28日(後楽園)での同王座戦後、敗れた樋口にベルトを腰に巻かせた秋山が現れ、樋口の腰にベルトを巻いて握手を交わし、一連の遺恨を水に流した。さらに、高木三四郎社長が「この旗をオマエに託す。DDTの強さの象徴として、DDTを引っ張ってくれ」とDDTのロゴ入りの旗を渡した。

 樋口は「ベルト獲ったぞ! いつもこんな情けない俺を支えてくれるイラプションの岡谷(英樹)、赤井(沙希)さん、坂口(征夫)さん、ありがとう。ベルトを巻いていただいた秋山準さん、ありがとうございました。本当にここに来るのにいろいろありました。皆さんの声援、支えがあって、ここまでたどり着けたと思っています」と礼を述べ、「こうやってベルトを獲って、(8・20)大田区のリングで遠藤哲哉を挑戦者として、王者として待ちたいと思います。復帰戦もやってない状態で、返答はよく考えてからでいいです」と次期挑戦者に遠藤を指名。

 バックステージで樋口は「『KING OF DDT』を制して、ベルトを獲ったということはDDTを背負っていく、強さの象徴になる。そうなったと思っています。今後は自分の理想のDDTを見せていけたらなと。強くて、おもしろくて、ちょっと泣ける…みたいな。そんなDDTを目指していきたいと思っております」とコメント。さらに、「ちょっと思ったのが、吉村と組んでやってみてもおもしろいのかなと思います。こうやって、決勝を争った2人で組んだりとかして、新しい風をDDTに吹かせられるのかなと思いました」と吉村とのユニットの枠を超えたタッグに興味を示した。

 惜しくも、優勝できなかった吉村は「負けは負け。でも、クリス(ブルックス)、HARASHIMAさん、上野さんに勝っての準優勝なんで誇りに思います。今日の準決勝、決勝でDDTの何かが動いたんじゃないですかね。このトーナメントをきっかけに、自分はまだまだ動き出します」と前を向いた。

【大会名】KING OF DDT 2022 FINAL!!
【日時】2022年7月3日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】703人

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
坂口征夫&赤井沙希&○岡谷英樹 vs 大鷲透&高尾蒼馬&小嶋斗偉●
7分55秒 片エビ固め
※ダブルアーム・スープレックス

▼第二ダークマッチ 10分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 火野裕士&納谷幸男&石田有輝●
6分51秒 片エビ固め
※スリーピーホロウ

▼オープニングマッチ ノータッチルール 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 彰人&アントーニオ本多&平田一喜●
7分16秒 TKO勝ち
※フェロモンの裁き→レフェリーストップ。

▼第二試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
●上野勇希 vs 吉村直巳○
10分46秒 体固め
※Osaka Pride

▼第三試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 秋山準●
14分28秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

▼第四試合 30分一本勝負
●高梨将弘&HARASHIMA vs 岡田佑介○&高鹿佑也
10分9秒 エビ固め
※サドンデス

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
MAO&●勝俣瞬馬 vs クリス・ブルックス&アンドリュー"ザ・ジャイアント"エヴァレット○
14分59秒 片エビ固め
※チョークスラム・スプラッシュフライ

▼メインイベント KING OF DDT 2022決勝戦 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 吉村直巳●
18分55秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。樋口が初優勝、第79代KO-D無差別級王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉