“EST”こと王者ビアンカ・ブレアがカーメラ相手に王座防衛に成功すると“ザ・マン”ベッキー・リンチとのロウ女子王座戦が「サマースラム」で決定した。

ベッキーがリングに登場して「今回のロウ女子王座戦の勝者とサマースラムで対決することが正式に決まったぞ」とPLEでの王座戦決定を報告していると、そこへ現れた王座戦予定の王者ビアンカ、カーメラと舌戦を展開した。
さらにカーメラと共にビアンカに襲いかかってマンハンドルスラムを叩き込むと、そのままダメージを負ったビアンカの王座戦が行われることが決定。

ビアンカはふらつきながらもバックブリーカー2発やドロップキックで攻め込めば、リングアウトを狙うカーメラの攻撃に苦戦したが、最後はKODで仕留めて王座防衛に成功。

この結果、ビアンカがベッキーと「サマースラム」の王座戦で対戦することが決定すると、試合後にはゲスト解説をしていたベッキーにタイトルを投げ捨てられて2人の遺恨がヒートアップした。

ビアンカ vs. ベッキーのロウ女子王座戦が行われる「サマースラム」は日本時間7月31日にWWEネットワークで配信される。


WWEネットワーク
http://network.wwe.com
WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.