新日本プロレスは7月20日(水) 、宮城・ゼビオアリーナ仙台にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第6試合では、「G1 CLIMAX 32」Dブロック公式戦としてデビッド・フィンレーと高橋 裕二郎が対戦。
SHOの介入により、裕二郎がBig Juiceを決め3カウントを奪取し白星スタートを切った。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月20日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:宮城・ゼビオアリーナ仙台
観衆:1,919人

<試合結果>

▼第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Dブロック公式戦
デビッド・フィンレー×(0勝1敗=0点)
vs
高橋 裕二郎 〇(1勝0敗=2点)
(0勝1敗=0点)
12分59秒  BIG JUICE→体固め


試合後、裕二郎はダンサーのピーターを伴い「デビッド・フィンレー、オマエの仲間はどこだ? オマエのタッグパートナーはどこに行った? 俺にはよ、信頼できる仲間がいるよ。言っただろ、俺がオマエに『G1』を教えてやるって。いいか? 仲間のいねぇヤツに、『G1』は勝てねぇ。これマジ……」

対してフィンレーは「この黒星は受け入れがたい。今日は絶対に勝つと確信してたんだ。俺がユージローより良いレスラーなのは分かってる。まさかSHOがレンチで攻撃してくるとは思わなかった。SHO、お前にはこの借りを返させてもらう。俺を怒らせたらどうなるか、ジョナに聞いてみるといい。今日の負けはショッキングだったと思う。でも、『G1』にはショッキングな出来事が多いだろ? この試合に負けるのは最低ってだけだ。この2ポイントは簡単に取れるはずだったのに。前に進まないと。来週は後楽園ホールでジュース・ロビンソンと闘う。ジュース、お前は怒りと気合いのデビッド・フィンレーを目にする。ジュースと俺は誰よりも互いのことを知っている。俺はお前から2ポイントを奪って『G1 CLIMAX』で優勝する。期待しとけよ」

<写真提供:新日本プロレス>