DDTプロレスが7月24日、東京・後楽園ホールで「Summer Vacation 2022」を開催。フェロモンズに謎の白ブリーフ男が加入したが、その正体が判明するのは8月14日の後楽園大会に持ち越しとなった。

 この日は“フェロモンズ壊滅”に向け、自ら立ち上がった高木三四郎が大鷲透、伊橋剛太と組み、飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ、今成“ファンタスティック”夢人組と激突。

 伊橋が飯野に対抗して、トランクスを脱いでコーナーに上ると、ディーノ、今成が伊橋の尻に突っ込まされた。高木は飯野の尻にカンチョーを繰り出すも、指が抜けず。飯野に高木がスタナー、伊橋がムーンサルトプレスを決めて追い込むと、赤い覆面の上にパンストを被った白ブリーフ男が乱入。謎の男はブリーフを脱ぐと、中澤マイケルのアルティメット・ベノムアームさながらに伊橋の顔面に押し付けた。そして、飯野がケツゴェで尻を顔に押し付けると、伊橋はたまらずギブアップ。

 ディーノは「数の暴力には屈さない。ならばこっちも増員するまでだ。誰でしょうね? マイケル? マイケルじゃないとだけは言っておこう。この状態が8月14日まで続くんだ」とマイク。その正体は8・14後楽園まで明かさないと宣言した。

 また、この日の第1試合で腰椎骨折のため長期欠場していた大石真翔が1年ぶりの復帰戦に臨み、平田一喜と組み、彰人、ヤス・ウラノ組と対戦。ところが大石の入場中にウラノが奇襲をかけ首固めで丸め込んでしまった。これに今林GMが怒って再試合を指令。大石はスイングDDT、ミラクルエクスタシーを決めるなど復調ぶりをアピールするが、平田が彰人のアンクルホールドであえなくタップして復帰戦を白星で飾れず。大石は「必ずKO-D無差別級のベルトにたどり着く」とアピール。

【大会名】Summer Vacation 2022
【日時】2022年7月24日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】624人

▼オープニングマッチ 大石真翔復帰戦 30分一本勝負
大石真翔&●平田一喜 vs 彰人&ヤス・ウラノ○
0分14秒 首固め
▼再試合 30分一本勝負
大石真翔&●平田一喜 vs 彰人○&ヤス・ウラノ
5分54秒 アンクルホールド

▼第二試合 2vs3ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
火野裕士&○納谷幸男 vs アントーニオ本多●&赤井沙希&イルシオン
7分29秒 拷問式コブラツイスト

▼第三試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎&大鷲透&伊橋剛太●
9分46秒 ケツゴェ

▼第四試合 30分一本勝負
●佐々木大輔&MJポー&KANON vs 青木真也&勝俣瞬馬&エル・ユニコーン○
12分36秒 反則勝ち
※マスク剥ぎ

▼第五試合 遠藤哲哉復帰戦〜スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&クリス・ブルックス vs HARASHIMA&坂口征夫&高尾蒼馬●
16分24秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○高梨将弘 vs 岡田佑介●<挑戦者>
10分55秒 エビ固め
※タカタニック。第7代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>●MAO&朱崇花 vs 樋口和貞○&吉村直巳<挑戦者組>
20分7秒 エビ固め
※ブレーンクロー・スラム。MAO組が初防衛に失敗、ハリマオが第75代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉