ニューヨーク州ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて行なわれたロウが日本時間7月27日に配信された。

WWEユニバーサル王者ローマン・レインズが「サマースラム」でキャッシュインを狙う“Mr. MITB”セオリーを子供扱いして襲撃KOにした。

王者レインズ率いるザ・ブラッドラインがリングに登場するとポール・ヘイマンは「サマースラムの後、ブロック・レスナーは立つことさえできなくなるだろう」とレインズの王座防衛を宣言。
 
するとそこへ現れた“Mr. MITB”セオリーにキャッシュインによる王座奪取を宣言されるとレインズは「お前の親分はもういない。ここは俺のリングだ。ふざけたことを続けるなら俺が親代わりになる」と引退したビンス・マクマホンに言及してセオリーに忠告。

さらにセオリーと「サマースラム」のUS王座戦で対戦するボビー・ラシュリーのタッグ戦後にはウーソズが突然現れてセオリーをダブルスーパーキックで襲撃KO。レインズは倒れているセオリーにMITBブリーフケースを置くと「キャッシュインする時はこれを持ってくるんだぞ」と子供扱いした。
 
メイン戦ではレインズ&ウーソズがリドル&ストリート・プロフィッツと6人タッグ戦で激突すると両チーム白熱の攻防を展開したが、終盤にレインズがRKOを狙うリドルを強引に投げ飛ばすとそのまま渾身のスピアーを叩き込んで激勝。
 
試合後にはセス“フリーキン”ロリンズが現れると「サマースラム」で対戦するリドルに鉄製ステップ上のカーブ・ストンプを叩き込んで沈めた。
 
レインズ vs. レスナーのWWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦、ラシュリー vs. セオリーのUS王座戦、リドル vs. ロリンズの対戦が行われる「サマースラム」は日本時間7月31日にWWEネットワークで配信される。