WWE真夏の祭典「サマースラム」が日本時間7月31日(米国時間7月30日)テネシー州ナッシュビルのニッサン・スタジアムで開催される。

注目カードとしては王者ローマン・レインズが“天敵”ブロック・レスナーを相手に10カウントKOのみで決着するWWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦で激突する。2021年10月に行われた「クラウン・ジュエル」のユニバーサル王座戦や今年4月開催の「レッスルマニア38」の王座統一戦では、死闘の末にレインズが勝利を収めているだけにレスナーにとっては負けられないリベンジ戦となる。

さらにこの王座戦後にキャッシュインを予告している“Mr. MITB”セオリーの存在も忘れてはいけない。セオリーは“筋肉魔人”ボビー・ラシュリーとのUS王座戦に挑むが、果たして王座奪取とMITBキャッシュインを成功させることができるのか目が離せない。

また、セオリーと同じく今月初旬の「マネー・イン・ザ・バンク」で女子MITBラダー戦制覇とキャッシュインにより一夜にしてスマックダウン女子王座を初戴冠したリブ・モーガンにも注目が集まる。100%回復した前王者ロンダ・ラウジーを相手に王座防衛できるのかリブの真価が問われる。

他にも、“EST(最上級)”こと王者ビアンカ・ブレアと昨年の「サマースラム」でビアンカを秒殺しているベッキー・リンチのロウ女子王座戦や登録者数2350万人を誇る米人気YouTuberローガン・ポールと裏切者ザ・ミズの元パートナー対決、WWEデビュー20周年を迎えたレイ&ドミニク・ミステリオとザ・ジャッジメント・デイのノーDQタッグ戦など注目カードが目白押しだ。

今回の「サマースラム」が行われるナッシュビルのニッサンスタジアムはNFLのテネシー・タイタンズの本拠地でNFL出身のWWEスーパースターも多数登場。
 
パット・マカフィー vs. ハッピー・コービンの元NFLチームメイト対決を筆頭にレインズ、レスナーもNFL出身。

さらに格闘技で活躍したスーパースターも多く、UFC出身のレスナー、ロンダ、リドルやラシュリー(ベラトール)、ポール(ボクシング)と真夏の祭典「サマースラム」には様々なバックグラウンドを持つスーパースターたちが集結している。

真夏の祭典「サマースラム」は日本時間7月31日にWWEネットワークでライブ配信される。

「サマースラム」対戦カード

・ローマン・レインズ vs. ブロック・レスナー(WWEユニバーサル王座ラストマン・スタンディング戦)

・リブ・モーガン vs. ロンダ・ラウジー(スマックダウン女子王座戦)

・ビアンカ・ブレア vs. ベッキー・リンチ(ロウ女子王座戦)

・ウーソズvs. ストリートプロフィッツ(WWEタッグ王座戦/特別レフェリー:ジェフ・ジャレット)

・ボビー・ラシュリー vs. セオリー(US王座戦)

・レイ&ドミニク・ミステリオ vs. ザ・ジャッジメント・デイ(ノーDQタッグ戦)

・パット・マカフィー vs. ハッピー・コービン

※ 対戦カードは日本時間7/28時点の内容となり、変更される場合があります。