新日本プロレスは2022年7月30日(土) 、愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

メインの第9試合ではCブロック公式戦が行われ、棚橋弘至とザック・セイバーJr.が対戦。

試合はザックの関節地獄に棚橋が苦しむ展開が続くも、終盤にザックが腕ひしぎ逆十字を決めに来たところを棚橋が丸め込み、薄氷の勝利を奪った。

これで棚橋弘至は公式戦(2勝1敗=4点)、ザック・セイバーJr. は公式戦(2勝1敗=4点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月30日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
観衆:2,225人
    
<試合結果>

▼第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Cブロック公式戦
棚橋 弘至〇(2勝1敗=4点)
vs
ザック・セイバーJr.×(2勝1敗=4点)
17分32秒  エビ固め
 
試合後、勝利を収めた棚橋はマイクを手に取り「俺がこの『G1』をいつも以上に大切に思ってるから。それはなぜか話します。みんな出てる選手は等しく優勝を目指してると思います。けど、優勝したその先に厳しい状況が続いてますが、優勝したその先にプロレスファンのみなさんに、新日本プロレスのファンのみなさんに、光を見せられるのは、俺しかいねえだろ〜!!」とコメント。

エアギター後に最後にマイクを手に取り「俺は生まれてから疲れたことがないから。だから、だから、新日本プロレス、引っ張っていきます。『G1 CLIMAX』、ちょっくら優勝してきます!名古屋のみなさ〜ん、愛してま〜す!!」とマイクを締めた。

▼試合後バックステージコメント

ザック「毎回あいつを仕留めたと思った瞬間に、どうにかこうにかあいつはエスケープして生き延びる。ヘアースプレーの効果なのか? 俺も使ったほうがいいかもな。一体いつまでこのポジションを守り続ける気なんだ? 今日はエアギターはやめろよ! ノー・エアギター! エアギターはネオリベラリズム (新自由主義)と同じくらい大嫌いなんだ! 次、タナハシとメインで対戦する時には、絶対にタップアウトさせて、骨という骨を全て破壊してやる。そして俺のマイクパフォーマンスで締めるんだ。何しようかな? エアギターじゃないぞ。リングに椅子を置いて、それに座る。そしてジョン・ケージの(オーケストラ音楽)『4分33秒』を聴く。みんなで4分33秒の沈黙を味わうんだ。そしたらみんな、『なんでこれまでエアギターなんかを見せられてたんだ…』って考えるはずだ。バカ野郎、バカ野郎、バカ野郎、バカ野郎。タナハシをこき下ろすのは楽しいけど、あいつは腐ってもレジェンドだ。だから凄く尊敬してるんだよ。でも、同時に、あいつの骨を破壊して、タルカムパウダー(ベビーパウダー)のように粉々にしてやりたいとも強く思う! それか、埃みたいなヘア製品があったよな? そっちでもいい。心配するな。まだ完全に“PETE TONG”になってないから(映画『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』)。それに前より負けに対してうまく対処出来るようになってきた。もちろん悔しいけど、まだ俺の優勝は堅いから心配しなくていい。タナハシ、俺は優勝しても、ブリーフケースは持たないぞ……。(日本語で)デモ、デモ……お前はたった今、俺に勝った。だから、俺がIWGP世界ヘビー級王者になったら、タナハシ、お前にベルトに挑戦させてやるよ」
 

棚橋「目標を掲げる。とにかく大きい目標を掲げる。『G1』優勝だったり、超満員の観衆だったり、声を出してみんなが気持ち良く応援出来る状況を望んだりと。厳しいかもしんない。厳しいかもしれないけども、最初から言わないのは違うと思う。みんなでそういう希望を共有して進んでいくことが、俺らにとってもどれだけ力になるか、心強いか。厳しい状況が続きますけども、俺はこうしてプロレスをして、『G1』を通して何を見てほしいか? 何を伝えたいか? もちろん、棚橋弘至の(マッチョポーズを決めながら)素晴らしさには間違いないんですけど、今回はそうじゃなくて、ほんの一瞬でも、ちょっとでも現状をふっ飛ばして、脳からふっ飛ばして、心の底から何かに没頭出来る瞬間、それは1秒でも5秒でも10秒でも、それが今の俺の目標です。だから、1分1秒でも俺の時間を長くするには、優勝するしかないですね。ありがとうございました」
 
<写真提供:新日本プロレス>