DDTプロレスが8月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Road to PETER PAN 2022 in YOKOHAMA」を開催。イラプションの坂口征夫、赤井沙希、岡谷英樹が9月4日、名古屋国際会議場イベントホールでのビッグマッチで、佐々木大輔、MJポー、KANONが保持するKO-D6人タッグ王座に挑むことが決まった。

 この日、佐々木とポーは欠場となったが、KANONと目の負傷が癒えた藤田ミノルが第4試合で勝俣瞬馬、エル・ユニコーン組と対戦。KANONがユニコーンをコブラツイストで絞め上げてギブアップを奪い、マスクをはいでしまった。ここでイラプションが脱兎のごとく現れ、ダムネーションT.Aを襲撃。

 岡谷が「そんなにいじめたいなら、俺たちが相手してやる」と言えば、赤井は「すごい思い入れのある6人タッグのチャンピオン像って、そんなんじゃないねん。アンタらの持ってるベルト懸けて、うちらとやれ!」とアピール。

 今林久弥GMが「皆さんが挑戦したい気持ちは分かったんですが、いかんせん3人のチャンピオンのうち、一人しかいませんので」と困惑していると、藤田が「カリスマもMJもいないけど、ベルトだけはここにある。カリスマもMJもきっと、噛みつくことでおなじみのイラプションとタイトルマッチしたいに決まってる。その挑戦、ダムネーションT.Aが受けてやる」とマイク。チャンピオンの一人のKANONが受諾したことで、今林GMが9・4名古屋でのタイトル戦を決定した。

 最後にマイクを持った坂口は「MJ、佐々木、見てるか? オマエらが家で寝転んで間に、事はどんどん進んでいってる。名古屋、ベルト引っぺがしてやるから楽しみにしとけ」とベルト奪取宣言。

【大会名】Road to PETER PAN 2022 in YOKOHAMA
【日時】2022年8月6日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】149人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○納谷幸男 vs 小嶋斗偉●
7分54秒 体固め
※バックドロップ

▼第二試合 ノータッチルール 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○今成“ファンタスティック”夢人 vs  彰人&アントーニオ本多&平田一喜● with 高木三四郎
0分22秒 片エビ固め
※ダイヤモンドカッター

▼再試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs  彰人&アントーニオ本多&平田一喜● with 高木三四郎
10分8秒 ラ・マヒストラル

▼第三試合 30分一本勝負
○坂口征夫&MAO vs 岡田佑介&高鹿佑也●
7分59秒 腕極め三角絞め

▼第四試合 30分一本勝負
藤田ミノル&○KANON vs 勝俣瞬馬&エル・ユニコーン●
12分31秒 コブラツイスト

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○火野裕士 vs 大石真翔●
10分23秒 体固め
※Fuckin'BOMB

▼セミファイナル 30分一本勝負
○高梨将弘&クリス・ブルックス vs 上野勇希&高尾蒼馬●
13分42秒 Everclear

▼メインイベント 30分一本勝負
○樋口和貞&吉村直巳 vs 岡谷英樹&石田有輝●
19分21秒 KO勝ち
※ぶちかまし

〈写真提供:DDTプロレスリング〉