DDTプロレスリングが8月14日、東京・後楽園ホールで「Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜」を開催。

同20日の東京・大田区総合体育館でKO-D無差別級王座を争う、王者・樋口和貞と挑戦者・遠藤哲哉がバチバチに火花を散らした。

先に新型コロナウイルスに感染した遠藤は欠場を続けていたため、この日が復帰戦で、樋口とは最初で最後の前哨戦となった。

樋口は吉村直巳とのハリマオで出陣し、遠藤、秋山準組と対戦。

遠藤はスワンダイブ式エルボー、ハンドスプリング式オーバーヘッドキック、サスケスペシャルなどを繰り出し、ブランクを感じさせない動きを見せた。

樋口も遠藤にジャーマン、ラリアット、場外でのアバランシュ・ホールドを見舞い、激しいチョップの打ち合いを展開しバチバチの攻防に発展。

最後は吉村が払腰で秋山から3カウントを奪い、勢いに乗るハリマオが勝利。

▼メインイベント Road to WRESTLE PETER PAN 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○吉村直巳 
vs 
遠藤哲哉&秋山準●
22分55秒 片エビ固め
※払腰

遠藤が「樋口、強いじゃねぇか。どんだけ強くなろうが、8月20日、オマエの前に立つのは俺だ。俺たちでもっとDDTを世界に広げるんだ」と言えば、樋口は「オマエの言う通りだ。俺たちでDDTを世界に届けてやる。俺たちのDDTを見せる」と呼応。2人は握手を交わし、互いの健闘を誓った。

また、試合後、ディザスター・ボックスのHARASHIMA、大鷲透が現れ、ハリマオが持つKO-Dタッグ王座への挑戦を表明。王者組が受諾し、9月4日、名古屋国際会議場イベントホールでの王座戦が決まった。

なお、この日、しばらく封印されていた“DDT名物”の「いつでもどこでも挑戦権」を争奪する時間差バトルロイヤルが行われ、青木真也が挑戦権を奪取。

期限は今年いっぱいで、KO-D無差別級王座に対して行使できる。ただし、通常の試合で負けてしまった場合、挑戦権が勝った選手に移動する。

今回の挑戦権は“NFTアート”化された。これは代替がきかないデジタルデータで、偽造や改ざんが不可。挑戦権に固有の資産価値が生まれる。

青木は「いつでも挑戦できるのが肝。練りに練ったうえで揺さぶりをかけて、切り崩していきたい」と話した。

さらに9月18日、後楽園で行われる秋山の30周年記念興行のメインイベントが秋山、遠藤、金丸義信組VS永田裕志、竹下幸之介、勝俣瞬馬組に決定した。

【大会名】Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜
【日時】2022年8月14日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】556人

<全試合結果>

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○竹田“シャイニングボール”光珠 vs 高木三四郎●&大鷲透&高尾蒼馬
8分55秒 エビ固め
※シャイニング・ドライバー

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 坂口征夫&MAO&石田有輝●
8分0秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第三試合 正田壮史デビュー戦 30分一本勝負
○HARASHIMA vs 正田壮史●
10分28秒 体固め
※蒼魔刀

▼第四試合 いつでもどこでも挑戦権争奪時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
16分15秒 青木真也<9>がいつでもどこでも挑戦権奪取
※< >内は入場順。
【試合経過】
①○納谷幸男<7> vs 岡田佑介●<1>
6分16秒 片エビ固め
※バックドロップ
②○火野裕士<8> vs 高鹿佑也●<5>
7分35秒 体固め
※Fuckin’BOMB
③○火野裕士/○大石真翔<4> vs 岡谷英樹●<2>
7分44秒 オーバー・ザ・トップロープ
④○火野裕士/○納谷幸男 vs クリス・ブルックス●<3>
12分5秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑤○勝俣瞬馬<6>/○大石真翔 vs 火野裕士●
12分32秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥○青木真也 vs 大石真翔●
13分26秒 アンクルホールド
⑦13分40秒 平田一喜<10>が権利証奪取もハズレのため失格
⑧○勝俣瞬馬/○青木真也 vs 納谷幸男●
14分57秒 オーバー・ザ・トップロープ

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○朱崇花 vs 赤井沙希●
7分22秒 片エビ固め
※不知火

▼第六試合 30分一本勝負
高梨将弘&●アントーニオ本多 vs 上野勇希○&小嶋斗偉
8分45秒 片エビ固め
※BME

▼セミファイナル DDT EXTREME選手権試合〜蛍光灯IPPONデスマッチ 60分一本勝負
<王者>●彰人 vs ジョーイ・ジャネラ○<挑戦者>
13分45秒 IPPON
※彰人が初防衛に失敗、ジャネラが第54代王者となる。

▼メインイベント Road to WRESTLE PETER PAN 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○吉村直巳 vs 遠藤哲哉&秋山準●
22分55秒 片エビ固め
※払腰

<写真提供:DDTプロレスリング>