DDTプロレスリングが8月14日、東京・後楽園ホールで「Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜」を開催。

DDT初参戦のジョーイ・ジャネラが彰人との蛍光灯IPPONデスマッチを制して、初戦でいきなりDDT EXTREME王座を奪取。

同20日、東京・大田区総合体育館での勝俣瞬馬とのスペシャルハードコアマッチは急きょタイトル戦に変更された。

蛍光灯IPPONデスマッチは1本の蛍光灯がリングに設置され、蛍光灯が割れたときに蛍光灯を触っている選手が負けになる特殊ルールで、王者・彰人の“十八番”ともいえる試合形式だ。

両者は蛍光灯を使った攻防を見せるが、割れたら負けになるため慎重な試合運びになった。

ジャネラが蛍光灯を持っていた彰人に雪崩式ブレーンバスターを見舞うも割れず。

ジャネラが蛍光灯を転がすと、彰人が足で踏んで割ってしまい勝負あり。

王座はジャネラに移動した。

ここで、勝俣が現れ、8・20大田区での挑戦をアピール。

ジャネラが受諾して、タイトルが懸けられることが決まった。

ジャネラはヨシヒコに路上での対戦を要求した。

【大会名】Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜
【日時】2022年8月14日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】556人

<全試合結果>

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○竹田“シャイニングボール”光珠 vs 高木三四郎●&大鷲透&高尾蒼馬
8分55秒 エビ固め
※シャイニング・ドライバー

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 坂口征夫&MAO&石田有輝●
8分0秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第三試合 正田壮史デビュー戦 30分一本勝負
○HARASHIMA vs 正田壮史●
10分28秒 体固め
※蒼魔刀

▼第四試合 いつでもどこでも挑戦権争奪時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
16分15秒 青木真也<9>がいつでもどこでも挑戦権奪取
※< >内は入場順。
【試合経過】
①○納谷幸男<7> vs 岡田佑介●<1>
6分16秒 片エビ固め
※バックドロップ
②○火野裕士<8> vs 高鹿佑也●<5>
7分35秒 体固め
※Fuckin’BOMB
③○火野裕士/○大石真翔<4> vs 岡谷英樹●<2>
7分44秒 オーバー・ザ・トップロープ
④○火野裕士/○納谷幸男 vs クリス・ブルックス●<3>
12分5秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑤○勝俣瞬馬<6>/○大石真翔 vs 火野裕士●
12分32秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥○青木真也 vs 大石真翔●
13分26秒 アンクルホールド
⑦13分40秒 平田一喜<10>が権利証奪取もハズレのため失格
⑧○勝俣瞬馬/○青木真也 vs 納谷幸男●
14分57秒 オーバー・ザ・トップロープ

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○朱崇花 vs 赤井沙希●
7分22秒 片エビ固め
※不知火

▼第六試合 30分一本勝負
高梨将弘&●アントーニオ本多 vs 上野勇希○&小嶋斗偉
8分45秒 片エビ固め
※BME

▼セミファイナル DDT EXTREME選手権試合〜蛍光灯IPPONデスマッチ 60分一本勝負
<王者>●彰人 vs ジョーイ・ジャネラ○<挑戦者>
13分45秒 IPPON
※彰人が初防衛に失敗、ジャネラが第54代王者となる。

▼メインイベント Road to WRESTLE PETER PAN 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○吉村直巳 vs 遠藤哲哉&秋山準●
22分55秒 片エビ固め
※払腰

<写真提供:DDTプロレスリング>