DDTプロレスリングが8月14日、東京・後楽園ホールで「Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜」を開催。

同20日、東京・大田区総合体育館でのスペシャルミックストマッチ(秋山準、赤井沙希組VSクリス・ブルックス、朱崇花組)に向け、赤井と朱崇花がシングルで前哨戦を行い、朱崇花が勝利した。

赤井はビッグブーツ、蹴りの連打で攻め込むも、決定打には至らず。赤井が狙ったケツァル・コアトルを阻止した朱崇花は豪快な不知火を見舞って3カウントを奪った。

朱崇花は「あなた私に1回も勝ったことないよね。私はあなたに1回も負けたことがない。大田区、今日と同じ結果になるんだろうけど、秋山選手と組んで、せいぜい頑張ってください。私はあなたの先を歩んで、あなたを待ってます」と挑発。

バックステージで赤井は「初めて1VS1で対峙して、改めてヤバさを感じました。秋山選手に教えていただきたいって、大田区で組ませていただくんですけど、今日に関してはそれ以前の問題。へこたれてたら今までの9年がムダになるので。立ち上がって前に進みます」と気を引き締めた。

また、8・20大田区でDDT UNIVERSAL選手権を戦う、王者・高梨将弘と挑戦者・上野勇希がタッグマッチ(高梨、アントーニオ本多組VS上野、小嶋斗偉組)で前哨戦。

一進一退の攻防となったが、上野が本多にBMEを決めてフォール勝ちを収め弾みをつけた。

上野が「高梨さんに勝ったUNIVERSALチャンピオンとして、DDTを盛り上げていきます」、高梨は「DDTを新しい世界に連れて行ってくれるような男だと思う。でも俺たちにはまだやるべきことがいっぱいある。そのためにも防衛する」と話した。

なお、この日の第1試合ではフェロモンズ(飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ、X組)が高木三四郎、大鷲透、高尾蒼馬組と対戦。

フェロモンズ新メンバーの白ブリーフ男は、自ら覆面と白ブリーフを脱ぐと、正体は666の竹田光珠と判明。

竹田はシャイニング・ドライバーで高木を仕留め、フェロモンネームは“シャイニングボール”に決定。

フェロモンズは8・20大田区では、火野裕士&納谷幸男&スーパー・ササダンゴ・マシン、大鷲透&平田一喜&本多組と3WAY6人タッグ戦を戦うが、竹田の加入で戦力アップ。

フェロモンズ壊滅を叫んでいた高木は「フェロモンズが強くなっちゃう。どう止めればいいんだ。フェロモンズ勝手にしろ」とたじたじだった。

【大会名】Road to PETER PAN 2022 in KORAKUEN〜みんなで声出そう!〜
【日時】2022年8月14日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】556人

<全試合結果>

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○竹田“シャイニングボール”光珠 vs 高木三四郎●&大鷲透&高尾蒼馬
8分55秒 エビ固め
※シャイニング・ドライバー

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 坂口征夫&MAO&石田有輝●
8分0秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第三試合 正田壮史デビュー戦 30分一本勝負
○HARASHIMA vs 正田壮史●
10分28秒 体固め
※蒼魔刀

▼第四試合 いつでもどこでも挑戦権争奪時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負
16分15秒 青木真也<9>がいつでもどこでも挑戦権奪取
※< >内は入場順。
【試合経過】
①○納谷幸男<7> vs 岡田佑介●<1>
6分16秒 片エビ固め
※バックドロップ
②○火野裕士<8> vs 高鹿佑也●<5>
7分35秒 体固め
※Fuckin’BOMB
③○火野裕士/○大石真翔<4> vs 岡谷英樹●<2>
7分44秒 オーバー・ザ・トップロープ
④○火野裕士/○納谷幸男 vs クリス・ブルックス●<3>
12分5秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑤○勝俣瞬馬<6>/○大石真翔 vs 火野裕士●
12分32秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥○青木真也 vs 大石真翔●
13分26秒 アンクルホールド
⑦13分40秒 平田一喜<10>が権利証奪取もハズレのため失格
⑧○勝俣瞬馬/○青木真也 vs 納谷幸男●
14分57秒 オーバー・ザ・トップロープ

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○朱崇花 vs 赤井沙希●
7分22秒 片エビ固め
※不知火

▼第六試合 30分一本勝負
高梨将弘&●アントーニオ本多 vs 上野勇希○&小嶋斗偉
8分45秒 片エビ固め
※BME

▼セミファイナル DDT EXTREME選手権試合〜蛍光灯IPPONデスマッチ 60分一本勝負
<王者>●彰人 vs ジョーイ・ジャネラ○<挑戦者>
13分45秒 IPPON
※彰人が初防衛に失敗、ジャネラが第54代王者となる。

▼メインイベント Road to WRESTLE PETER PAN 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○吉村直巳 vs 遠藤哲哉&秋山準●
22分55秒 片エビ固め
※払腰

<写真提供:DDTプロレスリング>