DDTプロレスリングが8月24日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -August-」を開催。

9月4日、名古屋国際会議場イベントホールで、ダムネーションT.A(佐々木大輔、MJポー、KANON)が保持するKO-D6人タッグ王座に挑むイラプション(坂口征夫、赤井沙希、岡谷英樹)の岡谷がブチ切れ、遺恨が深まった。

この日、岡谷は坂口(with 赤井)と組み、佐々木、KANON withポー&藤田ミノルと激突。試合にはセコンドの藤田が巧妙に介入。

坂口が三角絞めでKANONを捕獲すると、ポーが入って阻止。そこで佐々木がイスで坂口、岡谷を殴打。さらにセコンドにいた赤井をリングに入れて側頭部をぶっ叩いた。

これに怒り心頭の岡谷がKANONのマウントを奪うとエルボー連打。制止するレフェリーを吹っ飛ばしてしまい反則負けが宣せられた。

岡谷は「なめやがって。そっちがその気ならこっちだってやってやるよ。そんなにケンカやりたいなら。ぶっ壊してやる」と激怒。

坂口は「俺ばっか見てるから、こういう風になるんだよ。キレさせたら、ヤバい人間をキレさせた。逆にオマエら、ギャフンと言わせてやる」と吐き捨てた。

佐々木は「あのガキ、プロレスにはルールがあるんだ。レフェリーに手を上げてんじゃねぇ。テメエがそう来るなら、こっちだってやってやる。名古屋、誰が決めたか知らねぇけど、アイツら土下座するまで許さねぇから」とおかんむり。

また、第1試合で行われたフェロモンズ(飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&竹田“シャイニングボール”光珠 with今成“ファンタスティック”夢人)VS MAO&勝俣瞬馬&平田一喜は、勝俣がトラースキックからスクールボーイで丸め込んでディーノに勝利。

試合後、勝俣は「9・4名古屋で電流爆破(大仁田厚、青木真也、納谷幸男組VS竹下幸之介、勝俣、小嶋斗偉組)があります。(8・14)後楽園で“いつでもどこでも挑戦権”を取り損ねたんだよ。青木さんをだましたらバチが当たったんだよ。電流爆破で俺が青木真也から取れば、NFTアートの“いつでもどこでも挑戦権”は俺の物になる。だから青木真也に勝って、それと大仁田厚から革ジャン奪い取って、“令和の邪道”になる」と意気込んだ。飯野は「いつでもどこでも“ちゅんま(瞬馬のこと)”」と再び勝俣に狙いを定めるようだ。

【大会名】DDT FREE -August-
【日時】2022年8月24日(水)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】250人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ ノータッチルール 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&●男色“ダンディ”ディーノ&竹田“シャイニングボール”光珠
with 今成“ファンタスティック”夢人 
vs 
MAO&勝俣瞬馬○&平田一喜
10分28秒 横入り式エビ固め

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&○KANON with MJポー&藤田ミノル 
vs 
坂口征夫&岡谷英樹● with 赤井沙希
10分53秒 反則勝ち
※レフェリー暴行

▼第三試合 30分一本勝負
○遠藤哲哉 vs 正田壮史●
8分5秒 コンバイン

▼第四試合 30分一本勝負
秋山準&岡田佑介&●高鹿佑也 
vs 
火野裕士&納谷幸男&クリス・ブルックス○
14分8秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼第五試合 新宿名物スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○上野勇希&朱崇花 
vs 
ジョーイ・ジャネラ&彰人●
14分32秒 体固め
※WR

▼セミファイナル 30分一本勝負
吉村直巳&●大石真翔 
vs 
HARASHIMA&大鷲透○
6分44秒 エビ固め
※パワーボム

▼メインイベント スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&○石田有輝 
vs 
竹下幸之介&小嶋斗偉●
16分11秒 エビ固め
※炎掌

<写真提供:DDTプロレスリング>