ペンシルベニア州ピッツバーグのPPGペインツ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間8月31日に配信された。

イヨ・スカイ&ダコタ・カイがWWE女子タッグ王座決定トーナメント決勝戦に挑むとセコンドのベイリーが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)」の対戦相手アスカ組によって排除され、これに油断したダコタがアリーヤに丸め込まれて王座奪取を逃した。

イヨ&ダコタがラケル・ロドリゲス&アリーヤとのトーナメント決勝戦に挑むと序盤、イヨはラケルのビッグブーツを浴びながらもダブルストンプやミサイルドロップキックで反撃した。

さらにイヨ&ダコタは場外で捕まえたアリーヤを鉄製ステップに叩きつけて沈めると1人残ったラケルに連携攻撃を仕掛けたが、パワーに勝るラケルにヘッドバットやエルボードロップで反撃されて白熱の攻防を展開。

終盤にはイヨがセコンドのベイリーの介入でピンチを逃れるとダコタのフェイスウォッシュからムーンサルトを決めてラケルを追い込んだが、セコンドのベイリーが突如現れたCATCの対戦相手ビアンカ&アスカ&アレクサによって排除されると、その隙にダコタが見えないところで交代していたアリーヤに丸め込まれて3カウント。

イヨ&ダコタが“油断”負けして女子タッグ王座奪取を逃すと新王者を祝福するアスカ組と睨み合いの火花を散らした。

ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。