オレゴン州ポートランドのモダ・センターにて行なわれたロウが日本時間9月14日に配信された。

“ダメージCTRL”イヨ・スカイ&ダコタ・カイがラケル・ロドリゲス&アリーヤとの王座戦を制してWWE女子タッグ王座を初戴冠した。

イヨ&ダコタ(with ベイリー)が8月に行われた王座決定トーナメント決勝戦で敗れたラケル&アリーヤとのWWE女子タッグ王座戦に挑むとダコタがパワーに勝るラケルに連携クロスボディを決められて序盤から劣勢に。

さらにイヨはアリーヤを捕まえて集中攻撃を浴びせたが、交代したラケルにパワーボムを狙われると場外へ落ちて辛うじて回避。続けてダコタもアリーヤのフェイスバスターを浴びたが、ベイリーの介入でロープエスケイプとなった。

なんとかピンチを回避したダメージCTRLだったが、ベイリーが介入に怒ったラケルに詰め寄られるとその隙にイヨが豪快な場外ムーンサルトをラケルに決めて形成逆転し、最後はダコタが変形バックスタバーでアリーヤを沈めて3カウント。

“ダメージCTRL”イヨ&ダコタがラケル&アリーヤを撃破してWWE女子タッグ王座を初戴冠すると、試合後のインタビューでイヨは「私たちが史上最速で最強のタッグチームチャンピオンになったぞ〜!」と答え、自身のツイッターでは「RAWでデビューして6週間で一気にチャンピオンまで駆け上がった。これぞアメリカン・ドリーム‼︎ 勢いは止まらない、さらに高みへ」と喜びを爆発させた。

その後、ベイリーはビアンカ・べレアとソーニャ・デビルのロウ女子王座戦後に姿を現すと、王座防衛に成功したビアンカに「イヨとダコタは宣言通りタッグ王者になった。私も時が来たらその王座に挑戦するからな」と王座挑戦を宣言。さらにイヨ&ダコタも現れて3対1でビアンカに暴行を加えたが、救出に現れたアスカ&アレクサに攻撃されてリングから追い払われた。