DDTプロレスが9月18日、東京・後楽園ホールで「STERNNESS 30th anniversary〜秋山準デビュー30周年記念大会〜」を開催。秋山準が6人タッグマッチで永田裕志(新日本プロレス)組を破り、デビュー30周年記念試合を自らの白星で飾った。

 専修大学でレスリング主将を務めた秋山は1992年2月に全日本プロレスに入団。同9月17日の後楽園大会での小橋健太(現・建太)戦でデビュー。2000年7月にプロレスリング・ノアの旗揚げに参加。2013年に全日本マットに復帰し、社長職にも就いた。2020年7月にDDTにレンタル移籍し、昨年2月に同団体に正式に入団した。その間、三冠ヘビー級、GHCヘビー級、KO-D無差別級王座などを戴冠し、プロレス界のトップに君臨し続けた。

 この日の記念試合では秋山の30年の歴史の上では欠かせない永田、金丸義信が新日本から出場。団体こそ違えど、秋山にとって永田はライバルで、金丸は名タッグパートナーだった。試合前には先輩の小橋氏から花束が贈呈された。秋山は金丸、遠藤哲哉とのトリオで、永田、竹下幸之介、勝俣瞬馬組と対戦。

 まずは秋山と永田が先発し、レスリングの攻防を展開し、秋山がドラゴンスクリューを決めた。10分過ぎには永田が秋山にミドルキックを連発。その後、激しい一進一退の攻防となり、秋山が捕らえた勝俣めがけて、金丸がウイスキーを噴射するも誤爆。永田組は秋山に波状攻撃も、秋山が雪崩式ブレーンバスターで勝俣に反撃。勝俣がととのえスプラッシュを秋山に狙うも自爆。ここで金丸が勝俣の後頭部にドロップキック、ディープインパクト、遠藤がエクスプロイダーを見舞うと、秋山がランニングニー、リストクラッチ式エクスプロイダーを決めて勝俣から3カウントを奪った。

 秋山は「今年で30周年。(ジャイアント)馬場さんにスカウトしてもらって、プロレスをしっかり叩き込まれて。ジャンボ(鶴田)さんに社会人としてたくさんのことを教えてもらい、三沢(光晴)さんにプロレスラーとして浮上するきっかけ、ノアに誘っていただいて、今ここにいると思います。その人たちはもう天国に逝ってしまいました。小橋さん! ずっと元気でいてください。僕が入ったときの全日本のように、高木(三四郎)社長が馬場さんに見えます。遠藤、竹下、樋口(和貞)、吉村(直巳)は四天王に見えます。このDDTというファミリーのような団体に来れて、30周年を迎えて本当にうれしく感謝してます」とあいさつ。そして、「馬場さんも晩年は言ってました。もう、ほかの選手との戦いではないと、自分との戦いだと。僕も今そう思ってます。自分に負けないよう、一日一日大切にしていきます」とマイク。

 バックステージで秋山は「試合で勝つことができて。あとどれくらいというのは自分でも正直分からない。(永田とは)自分の頭のなかと、お互いにたぶん少しづつのずれがあると思うけど、お互いにたぶんそのずれも分かってるからかみ合わないこともなく。馬場さんが晩年よく、敵は選手じゃなく、自分自身の戦いだと。当時はそんなわけないと思ってたけど、今は言われたことが全部分かります」と話した。

 永田は「俺に知らないところに、こういう素晴らしい選手たちがいるんだなと改めて思いました。(秋山は)リングで対峙すると、ピリピリ感が生まれてきて。久しぶりに彼とそういう戦いができて、すごく刺激というか。相変わらず元気だなと、そういうものを知れました。遠藤は負けん気が強いというか、いいビンタもらいました。あれがあったら誰にも負けない。どんなに倒されても。自信をもってやってほしい」と語った。

【大会名】STERNNESS 30th anniversary〜秋山準デビュー30周年記念大会〜
【日時】2022年9月18日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】715人(超満員)

▼第一試合 30分一本勝負
○岡田佑介 vs 高鹿佑也●
7分1秒 片エビ固め
※サドンデス

▼第二試合 ノータッチルール 30分一本勝負
×飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠 vs 高木三四郎&大鷲透&アントーニオ本多&平田一喜×
7分16秒 無効試合
※今林久弥GMストップ

▼第三試合 30分一本勝負
HARASHIMA&坂口征夫&●岡谷英樹 vs 彰人&高尾蒼馬&納谷幸男○
10分36秒 拷問コブラツイスト

▼第四試合 30分一本勝負
樋口和貞&●石田有輝&火野裕士&大石真翔 vs 佐々木大輔&藤田ミノル&MJポー&KANON○
12分40秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第五試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
上野勇希&MAO&●小嶋斗偉 vs カーラ・ノワール○&クリス・ブルックス&高梨将弘
12分47秒 ブラックアウト・スリーパー

▼セミファイナル 30分一本勝負
○吉村直巳 vs 正田壮史●
10分14秒 片エビ固め
※ラリアット

▼メインイベント 秋山準デビュー30周年記念試合〜スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○秋山準&金丸義信&遠藤哲哉 vs 永田裕志&竹下幸之介&勝俣瞬馬●
20分34秒 体固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー

〈写真提供:DDTプロレスリング〉