DDTプロレスが9月25日、東京・後楽園ホールで「Who's Gonna TOP? 2022」を開催。元テレビ朝日アナウンサーで東京都議会議員の川松真一朗がプロレスデビュー2戦目で、文京区議会議員の“無我”西村修と“議員タッグ”を結成するも敗退した。

 川松は8月20日、東京・大田区総合体育館での6人タッグマッチでのデビュー戦で西村の足4の字固めでギブアップ負け。試合後、西村から無我に勧誘され、初タッグが実現し、彰人、納谷幸男組と対戦した。

 ショルダータックル、エルボー連打で納谷を攻め立てた川松だが、2メートル超えの巨漢の納谷にはなかなか効かず。川松と西村は合体式のダブルエルボー、ダブルブレーンバスターを納谷に敢行。だが、納谷に捕獲された川松はニーリフト、チョークスラムを食い、拷問コブラツイストで絞め上げられるとたまらずギブアップを喫し、初勝利はならなかった。

 バックステージで西村は「選挙みたいなにうまくいかない。1日1日の積み重ね。私も30年経っても厳しいから。1回や2回で勝てるわけがない。これを日本、都民の苦しみだと思って。彼も相当感じてるでしょ。明日に期待してください」とコメント。

 川松は「もっといろんなことをやりたかったんですけど、リングに上がると頭が真っ白になって、余裕がないのであっという間に。西村さんにご指導いただいて言われたことが一つも出ないで終わってしまったのが悔しい。また精進し直します」と反省の弁。10・23後楽園での3戦目は秋山準とも対戦(秋山、岡田佑介、高鹿佑也組VS西村、川松、石田有輝組)するが、「相手が誰であれ、私からしたら皆さんキャリアが上。胸をお借りするつもりできましたけど、そのさらに上を行く気持ちでいかないと通用しない。次の試合はもっと自分の力を出せるよう努力したい」と話した。

 また、第4試合では10・8TKPガーデンシティ千葉でのKO-D6人タッグ選手権(王者=佐々木大輔、MJポー、KANON組VS挑戦者=火野裕士、大石真翔、旭志織組)と、10・12後楽園でのKO-Dタッグ選手権(王者=樋口和貞、吉村直巳組VS挑戦者=佐々木、KANON組)のダブル前哨戦が6人タッグマッチ(佐々木、藤田ミノル、KANON組 with ポーVS吉村、火野、大石組)で行われた。試合はポーと火野がバルコニーで乱闘するなど大混戦となったが、佐々木がクロス・フェースロックで大石を仕留めた。試合後、佐々木は「大石、オマエはどうしてそんなに弱いんだ。なんで復帰したんだ。オマエなんか、DDT、いやプロレス界に必要ない。今から再起不能にしてやる」と吐き捨て、イスで殴打しようとするとスケボーを持った旭が入ってダムネーションT.Aを蹴散らすと、大石とサボテンの花をKANONに決めて一矢報いた。

 なお、今年でデビュー20周年を迎えた男色ディーノが12月中旬に20周年記念書籍を刊行することを発表。ビジネス書か自己啓発本になるとウソぶいたディーノは同月21日に後楽園で出版記念大会を行うことをアナウンス。来場者全員に書籍がプレゼントされる。

【大会名】Who's Gonna TOP? 2022
【日時】2022年9月25日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】701人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 10分一本勝負
○岡谷英樹&小嶋斗偉 vs 高鹿佑也&石田有輝●
6分37秒 片エビ固め
※ダブルアーム・スープレックス

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
MAO&朱崇花&○赤井沙希 vs 大鷲透&平田一喜&アントーニオ本多●
6分44秒 エビ固め
※新人賞

▼第二試合 いつでもどこでも挑戦権争奪3WAYマッチ 30分一本勝負
<挑戦権保持者>○青木真也 vs 勝俣瞬馬●<挑戦者> vs 飯野“セクシー”雄貴 with 男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人<挑戦者>
6分58秒 ヨーロピアンクラッチ
※青木がいつでもどこでも挑戦権の防衛に成功。

▼第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
西村修&●川松真一朗 vs 彰人&納谷幸男○
11分41秒 拷問コブラツイスト

▼第四試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&藤田ミノル&KANON with MJポー vs 吉村直巳&火野裕士&大石真翔●
11分21秒 クロス・フェースロック

▼第五試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&●岡田佑介&正田壮史 vs 高木三四郎&HARASHIMA&坂口征夫○&高尾蒼馬
11分18秒 片エビ固め
※神の右膝

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○上野勇希 vs カーラ・ノワール●<挑戦者>
13分1秒 片エビ固め
※WR。第8代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 竹下幸之介●<挑戦者>
18分57秒 体固め
※ぶちかまし。第79代王者が2度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉