ペンシルベニア州ウィルクスバリのモーガン・サン・アリーナ・アット・ケーシー・プラザにて行なわれたロウが日本時間11月9日に配信された。

ロウ女子王者ビアンカ・べレアがアスカ&アレクサ・ブリスと共にリングに登場すると「王座防衛したが、まだ終わっていない」と言って抗争するダメージCTRLを呼び出した。

そこへ現れた“ダメージCTRL”イヨが「王座はアレクサ&アスカから奪い取った」と王座奪還を誇れば、アスカに「実力で勝ったとちゃいまんねん。アホか!こらぼけ」と大阪弁でニッキー・クロス乱入を強調されると「いつも言いたい放題言ってますけどね。いい加減負けを認めたらどうですか?」と上から目線で負けを認めさせようとした。

するとこれに反発したアスカに「おぉー、ジャパニーズですか?喋れるんですか?」と馬鹿にされた上に「これだけ言わせて!バカバカバカバカ!馬鹿なんですか?バカバカバカバーカ!!!」と“バカ”を連呼されて日本語で舌戦となると、最後にイヨは「ビッチ」と会場にもわかる強烈な一言で罵って2人は乱闘に発展した。

その後、ダメージCTRLは乱闘の末に場外へ一蹴されると、ビアンカに「もうこれは戦争だ!ウォーゲームズで決着をつける」と対戦要求されたが、突如現れたニッキーがビアンカを襲撃して形成逆転。

4対3の数的有利な状況で再び乱闘になるとアスカ&アレクサ&ビアンカをリングから一掃した。

女子ウォーゲームズ戦が行われる「サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ」は日本時間11月27日にWWEネットワークで配信される。