マンディ・ローズが突如現れたアイラ・ドーンの毒霧で助けられてアルバ・ファイアとのNXT女子王座ラストウーマン・スタンディング戦を制した。

過去2週でアルバに襲撃されたジジ・ドリンとジェイシー・ジェインが不在の中、マンディが1人でなんでもありのラストウーマン・スタンディング戦に挑むと、序盤からアルバにトペスイシーダを浴びた上にポストやバリケードに叩きつけられて劣勢となった。さらにアルバに工具を使ったシングルボストンクラブで攻め込まれるとラダーを何度も叩きつけて反撃して激しい攻防を展開。

終盤にはアルバにエプロン上へのゴリーボムを決められると解説席に寝かせられてピンチとなったが、ラダーに上ったアルバの背後から突如不敵に笑ったアイラが姿を現すと毒霧を噴射。さらに動揺するアルバを突き落として解説席ごと破壊するとマンディが辛うじて起き上がって10カウント。マンディがアイラの毒霧介入でアルバとのラストウーマン・スタンディング戦を制して王座防衛に成功した。