日本時間11月27日、マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンにて行なわれたWWE「サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ」がライブ配信された。

“女帝”アスカらチーム・ビアンカが「サバイバー・シリーズ」でイヨ・スカイらチーム・ダメージCTRLを撃破して女子ウォーゲームズ戦を制した。

金網に囲まれた2つのリングで行われる5対5女子ウォーゲームズ戦がロウ女子王者ビアンカ・べレア対WWE女子タッグ王者ダコタ・カイでスタートすると、5分後には先行入場のアドバンテージを持つチーム・ダメージCTRLのイヨが檻から参戦してドロップキックやクロスボディでビアンカに攻め込んだ。

続けて5分差でアスカが参戦するとイヨにヒップアタックやスライディングニーを決めて日本人同士の熱戦を展開。

その後、時間差でアレクサ・ブリス、ベイリー、ミア・イム、リア・リプリー、ベッキー・リンチと次々と両チームのメンバーが参戦して5対5のチーム戦となると、竹刀やラダー、ゴミ箱などの凶器が飛び交う中でアスカはリア・リプリーに毒霧、イヨは金網トップからの驚異のムーンサルトでビアンカ&ミア・イムを粉砕した。

終盤にはビアンカ&ベッキーが因縁のダメージCTRLの3人と火花を散らし、ビアンカがイヨ、ベイリーにKODを決めると最後はベッキーが金網トップからのレッグドロップでイヨ&ダコタをテーブルごと破壊して女子ウォーゲームズ戦を制した。