DDTプロレスが11月11日、都内のホテルで秋のビッグマッチ「Ultimate Party 2023」(同12日、東京・両国国技館)の直前会見を行った。ダブルメインイベント第2試合でKO-D無差別級王座を争う王者のクリス・ブルックスと挑戦者の上野勇希がともに一歩も引かない姿勢を示した。

 クリスは7月23日の両国大会で火野裕士を破り初戴冠。その後、入江茂弘、赤井沙希の挑戦を退けV2を果たした。上野は昨年12月29日、TOKYO DOME CITY HALLで当時王者の樋口和貞に挑んで敗れて以来、11ヵ月ぶりの王座挑戦。クリスと上野はプライベートでは親しくしており、まさしく親友対決となる。

 チャレンジャーの上野は「明日の両国大会はDDTのレスラーのいつも以上のレスリングが見られると思いますし、海外、他団体からも(DDTで)初めて見る選手がたくさんいます。だからDDTのいろんな顔が見られると思うし、そのメインが僕とクリスのKO-D無差別級選手権。いろんなものが見られるDDTのビッグマッチだからこそ、僕とクリスがこのベルトを競うことで、DDTの先を見せられると思う。試合が終わった後は、僕が少しだけ前に出て、DDTを見せていくことになっていると思います」とベルト獲りを誓った。

 受けて立つクリスは「まさか1年に2回も両国でメインをやらせていただくなんて、想像もつかなかった。ウエノはライバルとしてだけではなく、ベストフレンドでもある。DDTもいろんなことが変わった。DDTの先にはたくさんのことがあると思いますけど、この2人にしかできない試合をしたい。でも最後に立ってるのはクリス・ブルックスです」と負けじと勝利を宣言。

 親友対決になることについて、上野は「クリスのことはめちゃくちゃ好きですけど、試合で殴られればムカつくし。好きだからこそ勝ちたいし。僕のなかの戦うエネルギーは、クリスが思いっきり来てくれるからこそ、思いっきりいけるというのもあるし。嫌いじゃなくてもぶっ潰したいと思ってますから。そういったところも全部ぶつけたいと思ってます」と話した。クリスは「親友でも(前哨戦で)ウエノの鼓膜を破ったこともありますし、それくらいハードな試合をやってる。2人にしかできない試合を見せたい」と力を込めた。

【大会名】Ultimate Party 2023
【日時】2023年11月12日(日) 開場12:30 開始14:00
【会場】東京・両国国技館

◆全対戦カード

▼オープニングマッチ KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>高尾蒼馬&翔太 vs 高梨将弘&アントーニオ本多<挑戦者組>
※第80代王者組の初防衛戦。

▼第二試合 時間差入場タッグランブル 時間無制限勝負
出場チーム…KANON&MJポー
土井成樹&須見和馬
岡田佑介&高鹿佑也
小嶋斗偉&石田有輝
夢虹&瑠希也

▼第三試合 東京女子プロレス提供6人タッグマッチ 20分一本勝負
荒井優希&宮本もか&鈴木志乃 
vs 
鈴芽&遠藤有栖&上原わかな

▼第四試合 スペシャル8人タッグマッチ 30分一本勝負
高木三四郎&彰人&大石真翔&川松真一朗 
vs 
ヨシ・タツ&ヨシ・ヒコ&男色ディーノ&スーパー・ササダンゴ・マシン

▼第五試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
黒潮TOKYOジャパン vs 正田壮史

▼第六試合 スペシャル6人タッグマッチ〜DDTvsVOODOO-MURDERS 30分一本勝負
秋山準&HARASHIMA&納谷幸男 
vs 
斉藤ジュン&斉藤レイ&歳三

▼第七試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔 vs 遠藤哲哉

▼第八試合 グッドコムアセット presents
赤井沙希引退試合〜強く、気高く、美しく〜 30分一本勝負
赤井沙希&坂口征夫&岡谷英樹 
vs 
丸藤正道&樋口和貞&山下実優

▼第九試合 ニベア クリームケア ボディウォッシュ W保水美肌 presents
アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
〜Dramatic Dream Round“楽しもうぜ!!”何が出るかな!?お楽しみデスマッチ
<王者>高橋ヒロム vs 平田一喜<挑戦者>
※第1589代王者の防衛戦。
※ラウンド制を採用し、ラウンドごとにルーレットで試合ルールを決定する特別ルール。
※タイトルの性質上、同選手権試合としておこなわれない可能性あり。
※勝者にはニベア花王株式会社より勝利者賞として「ニベア クリームケア ボディウォッシュ W保水美肌 10年分」が贈られる。

▼第十試合 DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>マット・カルドナ with ステフ・デ・ランダー vs MAO<挑戦者>
※第11代王者2度目の防衛戦。

▼ダブルメインイベントⅠ ドラマティック・ドリームマッチ 60分一本勝負
クリス・ジェリコ vs KONOSUKE TAKESHITA

▼ダブルメインイベントⅡ KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>クリス・ブルックス vs 上野勇希<挑戦者>
※第81代王者3度目の防衛戦。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉