千葉密着・発信型プロレス2AWが11月17日(金)、都内の株式会社リアルクロス(プロレスTODAY編集部)にて記者会見を行った。

会見では12月3日(日)、東京・後楽園ホールで開催される『GRAND SLAM in 後楽園ホール』大会に向けて出場選手が意気込みを語った。

『GRAND SLAM in 後楽園ホール』
日時:2023年12月3日(日) 開場時間 17:30 開始時間 18:30
場所:東京・後楽園ホール

■会見出席者
・2AW無差別級選手権 <王者>仁木琢郎 vs <挑戦者>カズ・ハヤシ
・2AWタッグ選手権 <王者組>本田アユム&CHANGO vs <挑戦者組>真霜拳號&ナカ・シュウマ
・シングルマッチ 井上京子 vs 笹村あやめ

▼2AW無差別級選手権 
<王 者>仁木琢郎
vs
<挑戦者>カズ・ハヤシ

カズ「約3年前にWRESTLE-1という団体がありまして、そこで仁木選手と同じでした。同じ団体の元同寮ですね。そのときデビューしたばっかりで、俺のなかでは坊主のクリクリな頭で。それが時間が経ってWRESTLE-1という団体が活動休止になって、2AWに入って必死でチャンピオンになって、俺のGLEATの会場に一人でやって来て逆指名という形でボクをね。最初の挑戦者として選んでくれた。これはうれしくないわけはないわけでして、とは言えボクは強い先輩でありたいんで。すべての面で、勝負の勝ち負けももちろんあるけど全ての面で勝ってるところを見せていこうと思ってます」

仁木「先月、佐藤耕平さんに勝ってこのベルトを取ったわけですけど、自分のなかで一番最初にこのベルトを懸けてやりたいと思ったのが、デビュー戦の相手でもあるカズさんだったんですね。デビュー戦はレスラーにとって特別ですけど、正直、半年しかWRESTLE-1で一緒にやってない。そのあと2AWでタッグのベルトも取ってシングルのベルトも取って、ホントにあのときとは違う、一味違った成長をカズさんに感じて、最後には俺がこのベルト防衛したいと思います」

――カズ選手、デビューから見守ってる選手である仁木選手の成長、前回の8月での対戦でも実感されてる部分もあると思いますが、振り返ってデビュー当時から非凡な才能みたいなものは見いだしてたんでしょうか?

カズ「ぶっちゃけですね、仁木選手だけどうとかって見ていないんですよ。フラットに見てるから、あんまりそのときの印象、彼がこうだっていうのはまったく感じてないです。全く持ってないっす。これはホントの話。だから成長がどうかっていうのを聞かれると、まったくない状態なので分からない。ただ、2AWのリングでチャンピオンになったんですから、それはでかいですよね。彼がどういうふうなどの道を歩んできたかっていうようなものも試合で、試合のなかでぶつけてお互いぶつけられたらなと思ってます」

――仁木選手、今回は王者として初防衛戦で、あえて元の団体の社長であるカズ選手を指名した、その真意っていうのはどういったところなのでしょうか?

仁木「デビュー戦の相手っていうのもあるんですけど、今年の8月にタッグではあるんですけど一度でやってるんですよ。そのとき自分、負けてしまってそのときのマイクで『オマエは2AWを背負ってく覚悟がない』ってハッキリ言われたんで、覚悟を感じてもらえるような試合になると思います。」

――GLEATに単身で乗り込んだ部分でいうと、すごくその心意気をかってカズ選手も今回のタイトルマッチを受けたとは思いますけれども、ベルトを持って他団体に乗り込んだというような部分はいかがだったんでしょうか

仁木「他団体というよりも、そのときはカズさんしか見えてなかったので。カズさんと1対1で話してこのベルトに挑戦してきてもらうっていう目的がしっかりあったので、それを達成できたのは、よかったです」

――WRESTLE-1後、GLEATで活躍されてるカズ選手の試合を見て感じる部分はありましたか?

仁木「元気だなと。おいくつですか?」

カズ「皆さん、答えなくちゃいけない?」

仁木「すみません。50歳を超えてここまで元気でやってる姿を見て、自分も負けてられないなっていうより自分がやらなきゃダメだなっていう。カズさんがこれだけ動けてるというか、自分がやんないぞっていう気持ちはあります」

――カズ選手、今回GLEATを背負って戦う意識と、かつての先輩っていう思いで戦う、どっちが強いんでしょうか?

カズ「彼はWRESTLE-1が活動休止になったときに、ちょっとヒアリングしたんですよ。そんときにどうする?っていうふうな話をしたときに、数あるプロレス団体のなかで、僕2AWに行きます。まだぜんぜん決まってないのに2AW行きたいですって言ってたんですよ。それをずっといままでこの3年間ですけど、続けてそれでタイトルを持つまで自力で頑張ったわけじゃないですか。そうなると、GLEATどうこういうよりもWRESTLE-1どうこうもそうなんだけど、なんかボクとしてはもう普通の一選手としての気持ちのほうがデカイですよね。自分一人でやってきたものって見たいじゃないですか。闘いたいから、そういう感じです」