福島県の雪だるま親善大使が照屋副知事を訪問


雪に触れる機会の少ない沖縄の子ども達に雪を届けるため福島県から雪だるま親善大使が沖縄を訪問しています。

名刺交換のやりとりで「雪だるま親善大使で来ました、猪苗代小学校6年、鵜川嶺王です」と話しました。

1月23日、照屋副知事を訪問したのは福島県から雪だるま親善大使として派遣された猪苗代町の小学6年生井上陸生君と鵜川嶺王君の2人です。

雪だるま親善大使は雪に触れる機会の少ない沖縄の子どもたちに雪を届け福島と沖縄の交流を深めるため行われているもので新型コロナの影響で今回は3年ぶりの派遣となりました。

雪だるま親善大使・井上陸生君は「雪を触ってもらったり雪合戦とかをしてもらいたい」と話しました。雪だるま親善大使の2人はあす猪苗代町の雪およそ200キロとともに県内の小学校を訪れ雪遊びなどの交流会を行う予定です。