日本代表FW上田綺世が所属するフェイエノールト。

このところは上田にもメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネスにも得点がなく、1-0で勝利した19日のRKC戦でゴールを決めたのもMFマッツ・ヴィーファートだった。

現地でも「この何週間も得点を決めてきたのはMFとDFでこれは深刻だ」という指摘があるが、24歳のヴィーファートはRKC後にこう述べていた。

「彼ら(攻撃陣?)は何かを探し始めているけれど、練習での綺世のフィニッシュを見ると、彼は本当に素晴らしいフィニッシュができる。

今は毎回うまくいっていないけれど、上田はポテンシャルに溢れているよ」

得点から遠ざかっているFW陣を擁護していたようだ。

フェイエノールトは日本時間23日にUEFAヨーロッパリーグのローマ戦を控えている。