7日に行われたスコットランド1部リーグ第32節のレンジャーズ対セルティックの宿敵対決は3-3の打ち合いとなった。

セルティックは日本人4人が先発出場し、FW前田大然はキックオフからわずか21秒で電光石火のゴールを決めている。

その前田は同僚である岩田智輝とともに地元グラスゴーにあるビリヤード場を訪れていた。





レアな私服姿!

『The Scottish Sun』では、こう伝えていた。

「セルティックのスターたちがグラスゴーの人気スポットを訪れ、スポーツを変える(サッカーからビリヤード)姿を目撃される。

前田と岩田は慌ただしい日曜日を過ごしたが、混沌としたオールドファームの後、自分たちへのご褒美としてリラックスした月曜日を過ごした。

彼らはグラスゴーで人気のビリヤード場を訪れた。セントジョージ・ロードにあるThe Q Clubで数ゲームほど対戦したのだ。

2人はスタッフに見つかると記念撮影。『セルティックの選手2人が休日にクラブを訪れてくれて嬉しい』とクラブはSNSに投稿していた」

前田と岩田は横浜F・マリノスでも同僚だっただけにプライベートも一緒に過ごす仲良しのようだ。