1日に行われたプレミアリーグ第30節マンチェスター・シティ対アーセナル戦は0-0の引き分けに終わった。

一方、2チームと優勝を争うリヴァプールはブライトンに2-1で勝利している。この結果、首位リヴァプールは勝点67、2位アーセナルは65、3位シティは64となった。

そうしたなか、シティMFベルナルド・シウヴァはアーセナル戦後に『Sky Sports』のインタビューでこう話していた。

「もはや優勝候補ではないよ。現実的にならなければいけない。多くのことが起こり得るけれど、残りは7〜8試合だっけ?9試合か、僕らにとってはいいね(笑)

でも、今や自力頼みはできない。アーセナルとリヴァプール次第さ。なぜなら、彼らとの直接対決がないからね。だから、僕らとしては彼らが勝点を落とす必要がある。僕らは自分たちの仕事をして試合に勝たなければいけない」

自力で首位に立つチャンスを逃したので、シティは優勝から一歩後退したと感じているようだ。

なお、残り9試合の相手は、アストン・ヴィラ、クリスタル・パレス、ルートン、トッテナム、ブライトン、ノッティンガム・フォレスト、ウォルヴァーハンプトン、フラム、ウェストハム。