この1週間、様々なイベントに出演したり、遊びに行ったりと忙しい日常を送っていたピン芸人の酒井直斗。 11月29日放送のCBCラジオ『酒井直斗のラジノート』では、酒井が日々の疲れを癒しに、なんと「パンサー向井慧さんの家」に行ったことを告白。 その「家」の様子と、それを知った向井さんの反応は?

     

塩対応の織田信長

酒井は先日番組で報告したように、結成14周年を迎えた名古屋おもてなし武将隊と一緒にYouTube生配信に出演。
その後11月23日には名古屋城で行われた14周年記念イベントへ、妻と一緒に足を運びました。

名古屋城内では、武将隊の新しい演舞を観覧。14周年に対する思いなどを聞き、イベント後に「手合わせ会」に並びました。
これはいわゆるハイタッチ会で、コロナ禍のために4年振りで開催されたものです。

列には妻が前、酒井が後ろに並びました。

酒井「最初は陣笠隊の皆さんにハイタッチするんだけど、『おぉ酒井殿、お疲れ様でござる!』とか言われるの。そしたら陣笠隊の踊舞さんが『ラジノート聴きましたぞ』って」

先週の放送で、徳川家康等にボケられて大変だったという話を披露した酒井ですが、それをしっかり聴かれていたそう。冷や汗をかく酒井にさらなる追い打ちが。

ハイタッチの最後は、織田信長。
信長は妻に対して「おぉ!来てくれたのか」とテンション高く声をかけたのに、酒井には低めのリアクションで塩対応。
あまりの落差に、首をかしげる酒井でした。

先輩芸人からの冷たい「お疲れ」

翌日24日は、ポートメッセなごやで23日〜26日に開催された「名古屋モビリティショー2023」のステージに出演。

所属するどっかんプロの芸人たちが出演したのですが、平日ゆえか、他の曜日に比べて自分たちに「しょぼい」と感じながらも、後輩芸人、酒井、先輩芸人の3組で1時間のステージをすることに。

ステージ最前列には番組リスナーが陣取り、なぜか全員青色を着用していたことで、明らかに自分のファンだとわかったそうです。

酒井「1時間の配分が難しくて。まず後輩が10分くらいやれば、中堅の自分が20分やって、先輩が30分で綺麗に済むじゃん?」

ところが先にステージに立った後輩は、わずか6分で戻ってきてしまいました。

「どうしよう」と焦りながらステージに出た酒井、とにかく先輩に託すまでしゃべり倒しますが、気づくとなんと28分も経過。

先輩芸人に花を持たせるどころか、13分しか時間を割り振れず「絶対に後で怒られる!」と覚悟した酒井。
先輩芸人兼事務所社長に冷たく「お疲れ」と言い放たれました。

パンサー向井の家

冷や汗通しの疲れを癒すために向かったのが、サウナ&カプセルホテル ウェルビー今池。
パンサーの向井慧さんがたびたび訪れ、「パンサー向井の家」と話題にするお気に入りのサウナです。

なんと向井さんのステッカーとサインが施された専用ロッカーがあり、周りの人たちもそのロッカーを見慣れている様子なのに驚いた酒井。
サウナで気持ちよく過ごし、帰りに撮った画像とともにX(旧Twitter)に、こんな投稿を。

酒井「『ウェルビー今池へ!向井さん!お邪魔しました!最高の4セット。#むかいの喋り方 #ウェルビー』って冗談っぽくポストしたの。
そしたら、向井さんから返信で『また我が家においでよ!』って来た」

本人からのレスで「あのサウナは間違いなく向井さんの家だ!」と確信しました。

名古屋おもてなし武将隊といい、パンサー向井さんの話題といい、自分の名前では注目を集められないものの、「他人のふんどしを借りて注目を集めるしかできないド8流芸人の俺…」とため息を漏らす酒井でした。
(葉月智世)