11月30日放送の『北野誠のズバリ』(CBCラジオ)、この日のテーマ「勘違い!」には、リスナーAさんから 「サンリオキャラクターの下着を装着した妻が脱衣所から叫んでいた」という投稿が寄せられました。 大好きなキャラクターの下着を購入してウキウキだったはずの妻に訪れた悲劇とは?

     

1、2を争う勘違い

「妻と出会ってから、1、2を争うぐらいの勘違いです」(Aさん)

なんとも期待させる出だしです。

「以前『しまむらで娘の小さいスリッパを買ったと思ったら、大人用のダイエットスリッパか美容スリッパだった』という恥ずかしい勘違いをメールしたことがありますが、それより前に妻がやらかしてました」(Aさん)

この勘違いをさらに上回るという勘違い。それはAさんが奥さんと結婚する前のことだったといいます。

「ギャルだった妻と一緒に買い物をしに行き、『下着が欲しい』と言うので探しに行ったんです。その時、妻はめちゃくちゃハマっていたマイメロディの下着を見つけて、『めっちゃかわいい!もうこれにする!』と即決して購入しました」(Aさん)

悲劇はその日の夜、起きたのです。

「ギャー!ちょっと来て!」

「脱衣場から聞こえる悲鳴。『ギャー!ちょっと来て!ちょっと来て!』と言うので見に行き、脱衣場のドアを開けると、鏡の前に立っていた妻が着けていたマイメロディの下着が、はちきれんばかりに伸びきってました」(Aさん)

キツ過ぎる下着。これはもしや…?

「それもそのはず、自分もその時に初めて気づいたんですが、明らかにこども用。妻いわく、表記してあるサイズがSとかMなので、てっきり大人用のものだと勘違いしていたというのです。にしても、マイメロディちゃんで大人用ってないよね?」(Aさん)

やはり想像通り。お子さんに大人用のスリッパを買ってしまうはるか前に、Aさんの奥さんはこども用の下着を身に着けて絶叫していたのです。

ここで松岡亜矢子が「私もギャル世代だったのでわかりますよ!」と、Aさんの奥さんに助け舟を出します。

仕事を選ばないサンリオキャラ

松岡「あったんですよ、いろいろ。キティちゃんグッズとかマイメロちゃんグッズの大人用が」

北野「サンリオはね、コラボしすぎやねん(笑)」

この時北野は、前日のこの番組で松原タニシから聞いた話を思い出していました。
松原が先日訪れた大阪・高槻の「古墳フェス」で、キティちゃんが前方後円墳を身にまとっていたというのです。

松岡「じゃあ、見た目スフィンクスみたいになってるじゃない(笑)」

北野「そうやそうや。何でもや何でも。コラボしすぎやっていう」

松岡「ご当地キティちゃんとか流行りましたもんね」

松原いわく、女性が多かったというこの「古墳フェス」。前方後円墳キティのほか、埴輪ポムポムプリンもいたというのです。

「仕事を選ばない」で有名な、キティちゃんを始めとするサンリオキャラクターに頭が下がります。Aさんの奥さんがマイメロの下着を大人用だと思ったのも、無理はありません。
(minto)