不二家のロングセラー商品『LOOK』から登場した『LOOK ショコラ・ア・ラ・モード』。 「ガナッシュ」「プラリネ」「ソース」の3種類の違ったチョコの味わいが楽しめるそうです。 2月11日放送のCBCラジオ『河原崎辰也 いくしかないだろう!』では、清水藍が河原崎辰也にこの商品をプレゼンしました。

     

高級感溢れるデザインの『LOOK』

清水「今日はですね、2月11日。バレンタインも直前ということで…」

河原崎「建国記念日の話するかと思った」

清水「美味しいチョコレートを持ってまいりました!」
 


今回清水が紹介するのは、不二家の『LOOK ショコラ・ア・ラ・モード』。

河原崎「え?LOOK…って、あのLOOKですか?」

1962年から発売されている不二家のロングセラー商品『LOOK(ルック)』。
「LOOK」の由来は、ファッション用語からだそう。デザインやパッケージにも不二家のこだわりがあるそうです。

通常は黄色いパッケージに、細長いケースにブロック状のチョコレートが何種類か入っていますが、今回の『LOOK ショコラ・ア・ラ・モード』は個包装27粒入りのファミリーパック。
ロゴはゴールドで、高級感溢れる秘密めいた紫のジャケットとなっています。

河原崎「これなんか、神秘的ですねぇ…」

高貴さと知性を兼ね備えたデザインは、こだわりの贅沢品質を表しているそうです。

3種類の味わいが楽しめる!

そして、ガナッシュ・プラリネ ・ソースの3種類の味わいが楽しめるのが今回のウリだと清水。
コーティングに使われているチョコは全て同じだそうですが…
 


清水「食べたらその違いにビックリします!」

河原崎「ガナッシュもわからないし、プラリネもわからないし…ソースと聞いたらウスター」

清水「ちょっとごめんなさい、鼻で笑っちゃいました」

「バカ舌の河原崎にもその違いはわかる」とストレートに話す清水ですが、まずは、ガナッシュから試食することに。

チョコレートに生クリームなどを混ぜ合わせて作られるガナッシュは、なめらかな口溶けが特徴。


河原崎「あ、食べやすそうな…いただきます!」

口にするなり、「相当美味しいぞ!」とひとこと。

清水「これが手軽に食べられるのが今の時代ですよ」

次はプラリネ。

河原崎「何語なの?プラリネって」

プラリネとは、焙煎したナッツ類に加熱した砂糖を和えてカラメル化したもの。
ナッツの濃厚な味わいとフィヤンティーヌの軽やかな食感が特徴と清水。

河原崎「フィヤンティーヌって何?ちょっと固めだね…歯応えが来て、ナッツの味が来た!」

クレープ生地を薄く伸ばして焼いたものを意味する「フィヤンティーヌ」。サクサクした食感で、河原崎も気に入った様子。

王道感漂う「ソース」

最後はソース。その名の通り、とろっとしたソースが中に入っています。

清水「これがまたね、大人の味なんですよ!」
 


食感がやはり違う、と呻く河原崎。チョコソースはベネズエラ産だそう。

河原崎「南米だね。あーいいね!これは王道感がある」

デパートにいかずとも、スーパーやコンビニでも手に入るところがすごい、と強調する清水。

河原崎「違いはバカ舌の僕でもわかりました。全然違います!」

今回紹介の『LOOK ショコラ・ア・ラ・モード』は、お近くのスーパーやコンビニなどで取り扱われているようです。
(nachtm)