身近な音楽や映像配信など、様々なサブスクリプションサービス全盛の時代。 セックスレスに対応したサービスがあることをご存知ですか? 3月17日放送の『八木志芳の私たちは求めてる』(CBCラジオ)では、パーソナリティの八木志芳が、このサブスクサービスについて紹介しました。 いったいどんなサービスなのでしょう?

     

セックスレス対応のサブスク

八木「セックスレスで悩んでいるという方は多いと思います。ハッピーなパートナーライフを応援する番組としては、このサービスを紹介しないわけにはいかないと。パートナーとのセックスライフを変えたいだとか、セックスレス解消に導きたいという方はこういうサービスを知っていただけたら」

こうした紹介したのはとは、日本初のセックスレスに対応したサブスクサービス「sese」です。

八木が「sese」を知ったのは、昨年フェムテックイベントの展示会に足を運んだ時のこと。
その時は「女性向けセルフプレジャーアイテムのサブスクリプションサービス」と謳われていたそうです。

その後、具体的な内容も知られるようになり、今では「セックスレスに対応したサブスク」と呼ばれるようになったそうです。

グッズ以外に相談にも対応

「sese」のサービス内容を説明する八木。
まず3か月に一度、2〜3個のアイテムと関連グッズが届きます。中身は潤滑ジェル、指に着けて使用するコンドーム風のフィンガーグローブなど様々で、全部「sese」オリジナルの女性向けトイ。

八木「サブスクと聞くとレンタルなのかな?と思うかもしれませんが、返す必要はありません。さらにこのサービスに加入すると、性の悩みに知見のある4人のアンバサダーに性のお悩みを回答してもらえます。
アンバサダーの1人がこの番組にも出演したことがあります。『バイブ姫』こと夏目江理さんです」

そして3ヶ月でセックスレス解消に導くための動画も見ることができるとのこと。

大まかにまとめると、3ヶ月に一度アイテムが届き、セックスレスなどに関する相談もできて、解消するための動画が見られるという内容です。

男性会員もOK

先日「sese」のオフィスを訪問した八木。実際に届くアイテムを見せてもらったとのこと。

八木「どれもシンプルでデザインが洗練されていておしゃれ。デザインからアンバサダーの人たちがいろいろこだわったようです」

八木が驚いたのはトイの色。一般的にはピンクや黒などが大半ですが、「sese」のアイテムは基本的にホワイトを基調としているそう。

もちろん自宅に届く時は、中身がわからないように配慮されて届きます。個包装でジップタイプのクリアケースに入っているから、おしゃれに収納できるのもいいなと思ったそう。
その中で八木が気になったのは、ウサギの耳の形をしたようなU字型のローターでした。

ちなみに女性向けトイは届きますが、会員は男女問わずOK。実際、男性会員もいるとのことでした。
(葉月智世)