もしも、人の思っていることが映像で見られたら…そんなことを想像したことはありませんか?それが現実になりそうなのです。 11月30日放送の『つボイノリオの聞けば聞くほど』(CBCラジオ)では最新の研究成果が話題となりました。 つボイノリオと小高直子アナウンサーがリスナーからの投稿を紹介します。

     

頭の中が映像に

Aさんからこんな情報が届きました。

「大阪大学が人が頭の中で考えていることを映像化することに成功したと発表しました。
やめて欲しいです」(Aさん)

時事通信などによれば、この日、大阪大学や量子科学技術研究開発機構などが、ヒトが心の中で思い描いた「メンタルイメージ」を脳信号から読み出し、復元することに成功したと発表しました。

新しいテクノロジーは概ね歓迎されますが…。おたよりの続きです。

「おじいさんでも放送禁止のような映像が無修正でバンバン流れてきそうです。介護とかに使えるというけれど、エッチな画像が出てきたら、介護する人もされる人もイヤではないでしょうか?

何よりも夫婦の間にこんな画像が現れたら『他人の話を聞いてない』だの『よその女のことを考えている』など、家庭不和につながりかねないと思います」(Aさん)

むしろマイナス面が心配というAさん。

研究の成果は?

この研究成果には画像が添えられています。
考えたことを映像化した写真のようですが、何を思い浮かべたのは、なんとなくわかるかな?という程度の映像です。

例えばヒョウを思い浮かべた映像は、ヒョウ柄などの細部は表現されず、かろうじて動物であることがわかる、という印象です。

小高「私たちも3日前に見たものを絵に描いてと言われたら、そんなとこにほくろがあったっけ?耳はそんなところについてるかな?とか、そんなにしっかりは覚えてないものですしね」

画像を見る限り、現時点で思い浮かべた人物の性別がわかるかも微妙なように思えます。

小高アナの心の風景は?

今回の研究は、診断の補助や意思の疎通が困難な方などの対象が想定されており、医療や福祉分野での活用が期待されています。

「医療、福祉に役立てることは素晴らしいと思います。こんな技術が進むと、ついうっかりあんなことやこんなことを妄想できなくて困ります」(Bさん)

「思い浮かべた画像を脳内信号から生成AIが復元する、もっと進むと脳内で考えていることがリアルに復元されるのでは?
私は清く正しく美しくをモットーに生きているから怖くないけど、つボイさんなんかそれやられたら怖いんじゃないですか」(Cさん)

歓迎する声よりも「そうなったら困る」と心配する声が多いようです。

「小高さんはその装置をつけたら、酒、酒、ビール、ビール、肉、肉、おかし、おかし…となるんじゃないですか?」(Dさん)

小高「以前流行った『脳内メーカー』みたいですね(笑)」

つボイの心の風景は?

リスナーからつボイには「エッチなことを考えるとえらいことになりますよ」という忠告が多数寄せられているようです。

つボイ「本当に私の心を見せたいくらいです。すごいきれいな景色がどこまでも広がって、花が一面に咲いている」

小高「そんなはずがない!」

最後に「赤ちゃんの考えている風景が見たい」と言うつボイ。

つボイ「もうこんなことを考えているんだ、とか。そんなことも気になって、この可能性に期待したいと思っています」

思っていることがリアルな映像になるにはもう少し時間がかかりそうで、ちょっとほっとした人も多いようです。
(みず)