アメリカ航空宇宙局(NASA)が、宇宙センター内の隔離された環境で1年間生活できる人を募集していると米CNNが報じています。 目標は火星の有人探査とのことで、まさに「火星人」となれる人が求められているそうです。 3月1日放送のCBCラジオ『戸井康成の金曜スクラッパー』では、戸井康成と小林美鈴がこのニュースについて語り合います。

     

隔離された環境で1年間生活

アメリカ航空宇宙局(NASA)では、火星での生活を想定した空間で隔離生活を送る実験をおこない、得られたデータを将来の有人探査に役立てる狙いがあるそう。

応募はすでに始まっていて、締め切りは4月2日とのことです。

選考は宇宙飛行士の選考基準に沿って行われ、条件は30〜55歳のアメリカ人であること、また工学、数学、生物学、コンピューター、物理学などの修士課程を修了している人とのこと。

「火星人募集といっても、地球に潜伏している火星人を募集しているわけではない」と戸井。

戸井「もう第一陣、今やってるらしいね?」

小林「そうなんですよね」

戸井「第二陣の募集なんだよね、これ。せめて感想とか聞いてから申し込みたいね」

小林「『やめたほうがいいよ』とか?」

年齢・国籍・学歴のいずれも自分に当てはまっていないとボヤく戸井。

実験は4人で

「人類が火星に住めるかどうか?」を検証するこの大がかりな実験、4人の参加者で生活するとのこと。
閉鎖施設内では、通信の遅れなどのアクシデントへの対処、作物を育てたり、船外活動のシミュレーションなどが行われるようです。

戸井「やってみたい?」

小林「いや…たぶん気持ちが駄目になると思います」

一方の戸井は「モチベーションが上がるかどうかは、一緒に暮らす他の3人にもよる」と現実的に考えます。
例えば足が臭い人、距離感が近い人、自分のことを下の名前で呼ぶ人、「なんとかなるさ」の精神でいる無責任な人は「まっぴらご免」と続けます。

ちなみに戸井が希望する理想の3人は、手先が器用で何でも作れちゃう人、抜群に頭の良い、数字に強い人、体力自慢の力持ち。

小林「戸井さんはそれで何やるんですか?」

戸井「にぎやかしです」

小林の希望の3人は医者、料理人、音楽家。『ワンピース』を参考にしたそうです。

戸井「現実的に考えるとそれが一番かな(笑)」

生きているうちに宇宙旅行が実現?

真っ暗な宇宙空間や異星では、孤独に対するストレス耐性が試されそうです。
「思いのほか、ポストが遠かったりするとストレスになる」とスケールの小さな例を出す戸井。

小林「そんなことで、選ばれる方はストレスにならないですね。うちらとは違う」

小林によれば、漫画『宇宙兄弟』(小山宙哉原作)では、クルーのひとりがわざと物を盗んだりして、人間関係をあえて壊すようなミッションが課されるとのこと。

戸井「火星移住ってSFの世界。俺たちの生きているうちに実現するの?」

「ある予想によると、生きているうちに宇宙旅行は実現する」と小林。
将来的にはイーロン・マスクのような富豪でなくとも、宇宙旅行が可能になるそうです。

そもそも、火星人がいない前提で話が進んでいますが「先客がいるのでは?」と言う戸井、
「宇宙人と幽霊、どちらを信じる?」と小林に究極の質問。

小林「怖いのは宇宙人。攻撃してくる!」

「ひょっとしたら、ショバ代を要求してくるかも」と戸井。
「火星人は稼(かせ)いでますよ」とオチをつけました。
(nachtm)