<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン プレーオフファイナル 2月27日 アリーナ立川立飛>

卓球Tリーグサードシーズンの女子年間王者を決めるプレーオフファイナル。レギュラーシーズン1位の木下アビエル神奈川は、2位の日本生命レッドエルフにマッチカウント2-3で敗れた。

木下アビエル神奈川は敗れはしたものの、第3マッチでは21歳の木村香純が早田ひな(日本生命レッドエルフ)に勝利し、第4マッチでは18歳の長﨑美柚が平野美宇(日本生命レッドエルフ)にマッチポイントを握るなど、若手選手の躍動が目立った。試合後、木下アビエル神奈川を率いた劉燕軍監督が試合を振り返った。

劉燕軍監督(木下アビエル神奈川)のコメント

写真:劉燕軍監督(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部
写真:劉燕軍監督(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

試合総括

今日はみんな頑張っていた。ダブルスもシングルスも確かにわずかな点差で落としたが、特に木原美悠選手がいない中で、(敗れはしたが)このような結果が残せたのは良かったと思います。

ビクトリーマッチの木村香純vs早田ひなについて

木村香純
写真:木村香純(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

最後、わずかな点差でとれずに(10-12負け)残念でした。木村選手は若い選手。最後も10-10でチャンスがあった。若い選手に良い大会(プレーオフファイナル)で良い経験を積ませられたのは良いことだと思います。

木村香純のプレーについて

(第3マッチで)木村選手が(早田ひなに)1回勝利していた。最後石川選手を出すか迷いました。相手に有利になるかもしれないが、木村選手は若い選手でパワーもある。そこが起用の要因です。

木原美悠が出られなかったこと

国際大会に出るために最後出られなかったことは残念。Tリーグは日本の卓球リーグとしては大事なリーグ。できるだけ最強メンバーで戦いたかった。ものすごく残念でした。

選手の頑張りや成長について

みんなよく頑張った。若い選手も、スター選手である石川選手もみんな頑張った。最後は残念な結果になりましたが、1年間試合を見て大変満足しています。

木下アビエル神奈川 2-3 日本生命レッドエルフ

長﨑美柚/浜本由惟 1-2 〇前田美優/平野美宇
11-8/6-11/6-11

〇石川佳純 3-1 森さくら
11-7/9-11/13-11/11-8

〇木村香純 3-1 早田ひな
7-11/11-9/12-10/11-9

長﨑美柚 2-3 〇平野美宇
11-7/8-11/8-11/11-6/11-13

木村香純 0-1 〇早田ひな
10-12

文:ラリーズ編集部