2021年4月を迎え、高校卓球界で活躍した選手たちが大学へ進学した。

全国国公立大学卓球選手権で2011年に優勝、2012年以降は8年連続で準優勝を果たしている国公立の雄・新潟大学の女子には、2021年全日本選手権で3回戦進出を果たしたペンホルダーの森岡恭加(明誠高卒)が加入した。

また、全日本ジュニアやインターハイ出場経験のある金光将希(関西高卒)、加藤遼(慶誠高卒)ら実力者が北陸大学に進学している。

主な北信越学生卓球連盟新人選手は以下の通り。

主な北信越学生卓球連盟新人選手 男子

新潟大学

吉田彪馬(樹徳高校)
永目脩真(明徳義塾高校)
春日山達哉(長野工業高校)
滝沢侑大(安積高校)
鈴木湧登(鹿沼高校)

北陸大学

写真:金光将希(関西高校)/撮影:ラリーズ編集部
写真:金光将希(関西高校)/撮影:ラリーズ編集部

金光将希(関西高校)
加藤遼(慶誠高校)
山口真澄(瓊浦高校)
芦田卓也(三浦学苑高校)
高村勇気(富山商業高校)

新潟産業大学

谷口来弥(敦賀高校)
倉又奏夢(新潟産業大学附属高校)

新潟医療福祉大学

渡辺佳祐(開志国際高校)
塩原拓麻(北越高校)
建石匠(県央工業高校)
品田涼真(新潟青陵高校)

富山大学

瀬戸一慶(富山商業高校)

松本大学

松本成生(松商学園高校)

新潟青陵大学

永井隼人(新潟青陵高校)

新潟工科大学

安川輝星(新潟産業大学付属高校)

主な北信越学生卓球連盟新人選手 女子

金城大学

小野田萌菜(都城商業高校)
福岡佑菜(岩国商業高校)
干場真弥(富山商業高校)

新潟大学

写真:2021年全日本選手権での森岡恭加/撮影:ラリーズ編集部
写真:2021年全日本選手権での森岡恭加/撮影:ラリーズ編集部

森岡恭加(明誠高校)
加藤七菜(酒田東高校)
蛯沢愛菜(五所川原商業高校)
渡部真優(鶴岡南高校)

信州大学

陳呉書蕾(開志国際高校)

新潟医療福祉大学

寺西沙莉奈(駒沢苫小牧高校)
中村絢(郡山女子大付属高校)

新潟青陵大学

和田穂乃花(新潟産業大学付属高校)
五十嵐若菜(新潟青陵高等学校)



文:ラリーズ編集部