<卓球 ビッグトーナメント 4月19日〜4月22日 熊本県立総合体育館>

21日に大会3日目を迎えたビッグトーナメントは、男子シングルス第2ステージの決勝トーナメント1回戦が終了し、2回戦に進む選手が確定した。2回戦で勝利した選手はベスト8入りが決定する。

第1シードの御内健太郎(シチズン時計)は上江洲光志(東京アート)相手に3-1で勝利し、順当に2回戦に進んだ。硴塚将人(協和キリン)は小西海偉(東京アート)とフルゲームに及ぶ熱戦を繰り広げ、最終ゲームのデュースを硴塚が制して2回戦へと駒を進めた。

松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)は、松下大星(クローバー歯科カスピッズ)との“兄弟対決”を3-1で制した。

第2ステージの決勝トーナメント男子シングルス1回戦の結果と2回戦組み合わせは以下の通り。

第2ステージ男子シングルス1回戦結果

江藤慧
写真:江藤慧(クローバー歯科カスピッズ)/撮影:ラリーズ編集部

御内健太郎(シチズン時計) 3–1 上江洲光志(東京アート)
江藤慧(クローバー歯科カスピッズ) 3–2 定松祐輔(日鉄物流ブレイザーズ)

平野友樹
写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

坪井勇磨(東京アート) 1–3 山本勝也(リコー)
船本将志(日野自動車キングフィッシャーズ) 0–3 平野友樹(協和キリン)
上村慶哉(シチズン時計) 3–0 藤木祥二(日鉄物流ブレイザーズ)

松下海輝
写真:松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)/撮影:ラリーズ編集部

神京夏(原田鋼業) 0–3 松山祐季(協和キリン)
松下大星(クローバー歯科カスピッズ) 1–3 松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)

村松雄斗
写真:村松雄斗(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

硴塚将人(協和キリン) 3–2 小西海偉(東京アート)
笠原弘光(シチズン時計) 3–1 高取侑史(リコー)
藤本海統(クローバー歯科カスピッズ) 0–3 村松雄斗(東京アート)
藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ) 3–1 三部航平(シチズン時計)
皆川朝(日野自動車キングフィッシャーズ) 0–3 松平賢二(協和キリン)

松平賢二
写真:松平賢二(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

高木和卓(東京アート) 2–3 鹿屋良平(リコー)
弓取眞貴(日野自動車キングフィッシャーズ) 3–2 渡辺裕介(協和キリン)
一ノ瀬拓巳(日鉄物流ブレイザーズ) 2–3 酒井明日翔(シチズン時計)
北原大輝(信号器材) 3–0 郡山北斗(リコー)

高木和卓
写真:高木和卓(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

第2ステージ男子シングルス2回戦組み合わせ

御内健太郎(シチズン時計) – 江藤慧(クローバー歯科カスピッズ)
山本勝也(リコー) – 平野友樹(協和キリン)
上村慶哉(シチズン時計) – 松山祐季(協和キリン)
松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ) – 硴塚将人(協和キリン)
笠原弘光(シチズン時計) – 村松雄斗(東京アート)
藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ) – 松平賢二(協和キリン)
鹿屋良平(リコー) – 弓取眞貴(日野自動車キングフィッシャーズ)
酒井明日翔(シチズン時計) – 北原大輝(信号器材)

ビッグトーナメントとは

ビッグトーナメントは日本卓球リーグ実業団連盟が主催する大会の1つで、男女シングルスと男女ダブルスが行われる。全試合5ゲームマッチで行われるが、日本卓球リーグ独自ルールで5ゲーム目は6-6から始まる。

今大会で男女シングルスベスト8、男女ダブルスベスト4に入ると全日本選手権への推薦枠を獲得でき、それとは別に男女それぞれ8名が海外遠征の対象選手に選ばれる。

新型コロナウイルス感染防止策として、無観客試合として開催され、事前のPCR検査などが徹底される。無観客開催ではあるが、ラボライブによるインターネットライブ配信が実施される。

文:ラリーズ編集部