<卓球 ビッグトーナメント 4月19日〜4月22日 熊本県立総合体育館>

大会最終日となる22日、女子シングルス準々決勝が終わり、4強が出揃った。

スーパーシードとして登場した佐藤瞳(ミキハウス)は、浅井一恵(エクセディ)にゲームカウント3-1で勝利し、準決勝へ。また、山本怜(十六銀行)と宋恵佳(中国電力)の青森山田高同級生対決は、フルゲームデュースの末、宋に軍配が上がった。

結果は以下の通り。

女子シングルス準々決勝結果

石川佳純 L-W 永尾尭子(サンリツ)
山本怜(十六銀行) 2–3 宋恵佳(中国電力)
松平志穂(サンリツ) 3–1 出雲美空(エクセディ)
浅井一恵(エクセディ) 1-3 佐藤瞳(ミキハウス)

女子シングルス準決勝組み合わせ

永尾尭子(サンリツ) – 宋恵佳(中国電力)
松平志穂(サンリツ) – 佐藤瞳(ミキハウス)

ビッグトーナメントとは

ビッグトーナメントは日本卓球リーグ実業団連盟が主催する大会の1つで、男女シングルスと男女ダブルスが行われる。全試合5ゲームマッチで行われるが、日本卓球リーグ独自ルールで5ゲーム目は6-6から始まる。

今大会で男女シングルスベスト8、男女ダブルスベスト4に入ると全日本選手権への推薦枠を獲得でき、それとは別に男女それぞれ8名が海外遠征の対象選手に選ばれる。

新型コロナウイルス感染防止策として、無観客試合として開催され、事前のPCR検査などが徹底される。無観客開催ではあるが、ラボライブによるインターネットライブ配信が実施される。

文:ラリーズ編集部