25日、中国卓球協会は11月に行われる世界選手権の代表選手を発表した。男子は、樊振東(ファンジェンドン)を中心に5名、女子は陳夢(チェンムン)中心に6名が出場することとなった。

男子は絶対王者が欠場、若手中心の代表に

王楚欽
写真:王楚欽/提供:ittfworld

男子は樊振東、梁靖崑(リャンジンクン)、王楚欽(ワンチューチン)、林高遠(リンガオユエン)の4名が男子シングルスと男子ダブルスに出場、周启豪(チャオジーホウ)が男子シングルスで初の代表入りを果たした。また、王楚欽と林高遠は混合ダブルスにも出場する。

林高遠(リンガオユエン・中国)
写真:林高遠(リンガオユエン・中国)/提供:ittfworld

今大会には、世界選手権3連覇中の馬龍(マロン)や、世界選手権混合ダブルス優勝の許昕(シュシン)の登録はなく、樊振東を中心に若手の選手で代表が固まった。

女子は五輪代表メンバーが中心も、3名が初の代表

孫穎莎
写真:孫穎莎(スンイーシャ・中国)/提供:ITTF

女子は陳夢(チェンムン)、孫穎莎(スンイーシャ)、王曼昱(ワンマンユ)の3名が女子シングルスと女子ダブルスに、陳幸同(チェンシントン)と王藝迪(ワンイーディ)が女子シングルス、銭天一(チェンティエンイ)が女子ダブルスに出場する。また、孫穎莎と王曼昱が混合ダブルスにも出場することとなった。

王曼昱
写真:王曼昱(ワンマンユ・中国)/提供:ITTF

女子では東京五輪女子団体で活躍した3名が複数の種目に参加し、丁寧(ディンニン)や劉詩雯(リュウスーウェン)らに代わって若手3名が各種目で参加することとなる。陳幸同、王藝迪、銭天一は初の世界選手権代表となった。

中国世界選手権代表

男子シングルス

樊振東(ファンジェンドン)
梁靖崑(リャンジンクン)
王楚欽(ワンチューチン)
林高遠(リンガオユエン)
周启豪(チャオジーホウ)

男子ダブルス

樊振東/王楚欽
梁靖崑/林高遠

女子シングルス

陳夢(チェンムン)
孫穎莎(スンイーシャ)
王曼昱(ワンマンユ)
陳幸同(チェンシントン)
王藝迪(ワンイーディ)

女子ダブルス

孫穎莎/王曼昱
陳夢/銭天一(チェンティエンイ)

混合ダブルス世界選手権代表

王楚欽/孫穎莎
林高遠/王曼昱

文:ラリーズ編集部