<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

23日(日本時間24日未明)からアメリカ・ヒューストンにて1年越しの世界選手権(世界卓球2021)が開幕する。男子シングルスには張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)ら日本代表が5名参戦する。

世界選手権(世界卓球)とは

世界選手権は、五輪・ワールドカップと並んで卓球の3大大会と呼ばれる大会の1つである。個人戦と団体戦が毎年交代で行われており、今年は個人戦の部がアメリカのヒューストンにて開催される。

個人戦は男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスの全5種目で行われ、各国から選抜された代表選手が優勝を目指す。

男子シングルス見どころ

樊振東
写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/提供:ittfworld

今大会優勝候補の筆頭として挙げられるのはやはり第1シードの樊振東(ファンジェンドン・中国)だ。ここまで決勝に進む機会は多かったものの、絶対王者である馬龍(マロン・中国)に敗れ準優勝が続いていた。今大会には、個人戦3連覇の馬龍は出場しないため、樊振東は優勝を目指す。

林昀儒
写真:林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

そんな樊振東に対抗するのは、第2シードの張本や林昀儒(リンユンジュ・チャイニーズタイペイ)、ティモ・ボル(ドイツ)だ。彼らが順当に勝ち上がり、樊振東との対決が実現するかどうかに注目だ。

日本代表選手

張本智和(木下グループ)

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld
写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

張本はこれで4回目の出場となる。過去個人戦には2回出場、2017年の大会では2回戦で水谷隼(木下グループ)に勝利し、ベスト8入りしている。特に張本は、樊のほかにも林高遠(リンガオユエン)、梁靖崑(リャンジンクン)、王楚欽(ワンチューチン)といった中国勢が逆山に入ったため、メダル獲得が期待される。

丹羽孝希(スヴェンソン)

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld
写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld

丹羽は2009年の横浜大会に初出場、2011年大会からこれで10大会連続出場となる。シングルスでは2017年大会と2019年大会でベスト8に入り、安定して上位に進出している。今大会ではベスト8を超えて、メダルを獲得できるか注目だ。

宇田幸矢(明治大学)*初出場

宇田幸矢
写真:宇田幸矢(明治大学)/提供:ittfworld

宇田は世界選手権初出場となる。2020年の全日本選手権を制し、Tリーグでも活躍する若武者が初の大舞台で好記録を残すことができるのか。

森薗政崇(BOBSON)

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部
写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

森薗は男子ダブルスでは4回目、シングルスでは2回目の出場となる。ダブルスでは大島祐哉(木下グループ)とのペアで準優勝を飾り、大舞台での戦いを熟知している。シングルスでも情熱あふれるプレーで上位進出を狙う。

戸上隼輔(明治大学)*初出場

戸上隼輔
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

宇田と同じ明治大の戸上もまた、世界選手権初出場となる。10月に行われたアジア選手権では男子シングルスでベスト4に入り、急成長を遂げている。世界選手権の中でも成長し、勝利のたびに強くなる戸上の試合にも目が離せない。

日本代表 1回戦組み合わせ

丹羽孝希 – Nandor ECSEKI(ハンガリー)
戸上隼輔 – トーマス・ポランスキー(チェコ)
森薗政崇 – デニ・コズル(スロベニア)
宇田幸矢 – 邱党(チュウダン・ドイツ)

文:ラリーズ編集部