<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

23日(日本時間24日未明)からアメリカ・ヒューストンにて1年越しの世界選手権(世界卓球2021)が開幕する。日本から男子ダブルスには、張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)ペア、宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)ペアの2組が参戦する。

世界選手権(世界卓球)とは

世界選手権は、五輪・ワールドカップと並んで卓球の3大大会と呼ばれる大会の1つである。個人戦と団体戦が毎年交代で行われており、今年は個人戦の部がアメリカのヒューストンにて開催される。

個人戦は男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスの全5種目で行われ、各国から選抜された代表選手が優勝を目指す。

男子ダブルス見どころ

樊振東、王楚欽
写真:樊振東(ファンジェンドン)・王楚欽(ワンチューチン・中国)/提供:ittfworld

男子ダブルスの注目は中国ペアだ。林高遠(リンガオユエン)/梁靖崑(リャンジンクン・中国)ペア、樊振東(ファンジェンドン)/王楚欽(ワンチューチン・中国)ペアが登録されている。林/梁ペアは2019年大会で3位、王楚欽は馬龍(マロン・中国)とのペアで優勝を飾っており、今大会も優勝候補の筆頭である。

陳建安、荘智淵
写真:陳建安(チェンジェンアン)・荘智淵(チャンチーユエン・チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

そんな中国ペアに対抗するのは、宇田/戸上ペア、張本/森薗ペアの日本代表、陳建安(チェンジェンアン)/荘智淵(チャンチーユエン・チャイニーズタイペイ)ペア、マティアス・ファルク/クリスチャン・カールソン(スウェーデン)ペアだ。今大会は中国ペアが2組同じ左側の山に入ったため、日本ペアを中心に決勝に進むペアがどうなるか注目である。

日本代表選手

張本智和(木下グループ)・森薗政崇(BOBSON)

張本智和、森薗政崇
写真:張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

張本/森薗ペアは初のコンビでの世界選手権となる。森薗は大島祐哉(木下グループ)とのペアで2015年大会、2017年大会と中国ペア相手に熱戦を繰り広げてきた。対中国の戦い方を知るダブルスの名手である森薗と、単複で中国勢に勝利経験のある張本が組んで、中国超えでの優勝なるか。

宇田幸矢(明治大学)・戸上隼輔(明治大学)

宇田幸矢、戸上隼輔
写真:宇田幸矢/戸上隼輔ペア/提供:WTT

第2シードに登録された初出場の宇田/戸上ペアは、勝ち上がると3回戦で張本/森薗ペアと当たる。アジア選手権で優勝を決め、勢いに乗る明治大コンビが同士討ちを制しながら上位に進出し、中国勢に勝利できるかどうか見物だ。日本ペアは中国ペアとは逆の山であるため、どちらかのペアが上位に進出する可能性が高く、期待がかかる。

日本代表 2回戦組み合わせ

張本智和(木下グループ)/森薗政崇(BOBSON) – ホラシオ・シフェンテス/ガストン・アルト(アルゼンチン)
宇田幸矢(明治大学)/戸上隼輔(明治大学) – 未定

文:ラリーズ編集部