<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間28日、世界選手権は6日目を迎え、混合ダブルス準決勝に張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが登場。林高遠(リンガオユエン・中国)/チャン・リリー(アメリカ)ペアにゲームカウント3-2で勝利し、決勝進出を決めた。

張本、早田が決勝進出を決めた

序盤はお互いに互角の打ち合いを見せ、点差が付かないままゲームが進むも、第1ゲームは張本/早田ペアが先取。すると、第2ゲームは勢いに乗った張本と早田の両ハンド攻撃が冴え、11-1でゲームを奪取する。

張本早田
写真:張本智和(木下グループ)と早田ひな(日本生命)ペア/撮影:ラリーズ編集部

このままストレートでの勝利も見えてきたが、ここから林/チャンペアが猛追。第3、第4ゲームを連取し、試合はフルゲームに。

追いつかれる悪い流れとなった張本/早田ペアだが、第5ゲームは悪い流れを断ち切るかのように、積極的な攻めを展開。圧倒的な展開でポイントを重ね、最後は早田のツッツキをチャンがネットにかけ、試合終了。フルゲームの熱戦を制して、張本/早田ペアが決勝進出を決めた。

勝利した張本/早田ペアは、決勝で王楚欽(ワンチューチン・中国)/孫穎莎(スンイーシャ・中国)ペアと対戦する。

混合ダブルス準決勝

林チャン
写真:林高遠(リンガオユエン・中国)とチャン・リリー(アメリカ)/撮影:ラリーズ編集部

〇張本智和/早田ひな 3-2 林高遠/チャン・リリー
11-9/11-1/6-11/8-11/11-2

文:ラリーズ編集部