<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日〜29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

28日、世界選手権は6日目を迎え、男子ダブルス準決勝に宇田幸矢(明治大)/戸上隼輔(明治大)ペアが登場。張禹珍(ジャンウジン・韓国)/林鐘勲(イムジョンフン・韓国)ペアにゲームカウント1-3で敗れた。

強烈なフォアに屈する

序盤はストップラリーから先手を取った宇田/戸上ペアがポイントを重ね、第1ゲームを先取。

宇田戸上
写真:宇田幸矢(明治大)と戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

しかし、第2ゲームから張禹珍/林鐘勲ペアに先に攻撃をしかける展開を作られ、宇田/戸上ペアはなかなか攻撃の展開を作れなくなる。第2、第3ゲームを連取され、第4ゲームこそなんとか粘るが、張禹珍/林鐘勲ペアにフリックや流しのレシーブで変化をつけられ、強烈なフォアを叩き込まれる展開が続く。そのまま第4ゲームも奪われ、ゲームカウント1-3で敗北。決勝進出を逃した。

男子ダブルス準決勝

ジャンイム
写真:張禹珍(ジャンウジン)と林鐘勲(イムジョンフン)/撮影:ラリーズ編集部

宇田幸矢/戸上隼輔 1-3 張禹珍/林鐘勲〇
11-8/4-11/9-11/7-11

文:ラリーズ編集部